2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

アップリケ

 アップリケなんて、久し振りです。何十年振りでしょう?

「失敗を誤魔化す」という少々後ろめたい必要にかられてのことでした。

8/27にブログアップしたマイバッグの反対の面(失敗作)をお目にかけましょう。

なんとも情けない有様です。これでは恥ずかしくてお買い物にも行けませんね~。

Dscn3928

というわけで、この上にアップリケをすることにしたのです。

Dscn3934

どうにか誤魔化せたかな? 明日からこのバッグを持って颯爽?とお買い物とまいりましょう。

2010年8月27日 (金)

世界にひとつのマイバッグ

 今日8/27は久し振りのパソコン講座の日でした。

テーマは「アイロンプリントラベルを作ろう!(エコバッグやTシャツに)」です。

先日から今日のために準備していた、手作りのバッグを持って、張り切って出掛けました。

仲間のみなさんも、ハンカチやTシャツやランチョンマットなど思い思いの教材を持ってきておられました。

まずは、インターネットで探したイラストをパソコンに取り込みます。(私は、【タカミコーポレーション】 で検索して、野菜のイラストを選びました。cf 写真)

① ワードを起動

② ページ設定 【余白】の上下左右を10mmに変更

③ アイロンプリントしたいイラストをワードに挿入する。

④ アイロンプリントペーパーに印刷する。(このとき【ページ設定】の【印刷方向】で「左右反転」にチェックが入っているかを確認すること)

⑤ 画像から5mmほど余白を取ってハサミで切り抜く。

⑥ 硬めのアイロン台にプリントしたいTシャツなどを置き、⑤のペーパーを目的の場所に裏向きに配置し、その上をアイロンでプレスする。温度は180℃(綿)。上から均一に圧力をかける。横に滑らさないこと。(1箇所5秒を2回、全体重を掛けて

⑦ 十分に冷ましてから、裏紙を剥がす。

⑧ 画像の上に仕上げシートを置き、再度アイロンでプレス。(アイロンの温度が高くなり過ぎないように注意)

⑨ すっかり冷めたら、仕上げシートをはずして、出来上がり。

大体、こんな要領だったかと思います。

みなさん、おやつタイムのダベリングもそこそこに、作業の続きに取り掛かり、14:00から16:00までの2時間があっという間でした。

ご期待くださったブログ友のみなさまにお恥ずかしいのですが、このようなものになりました。出来は悪いけれど、世界にひとつしかないと思えば愛着が湧きます。

Dscn3927

 フジバカマ と アサギマダラ

 (大分県姫島村にて 2009.10.15)

 私が撮ってきた写真です。

Dscn3924 取り込んだイラスト  「野菜」

本当はこちらが裏側の小さなイラストで、表側の大きなイラストは、アイロンするときに失敗しました。後ほど、アップリケでもして、誤魔化そうかと思っています。

上記⑥の手順で失敗しました。

 

2010年8月20日 (金)

お買い物バッグ

 このところ、裁縫に熱中して、ブログの更新を怠けていました。

 通っているパソコン講座での次回のテーマは「アイロンプリントラベルを作ろう!」 です。

木綿100%素材のTシャツ、ハンカチ、エコバッグなどを持参することになっています。

私はTシャツかエコバッグにしたいと、お店を探しましたが、どれも何かの柄が入っていて、気に入ったものがありません。

そこで、「じゃあ、自分でバッグを作るほかない!」 と、早速素材を探しました。ありました、それが100均ショップにあったのです。120cm×100cmの生成りを求め、湯のしをして取り掛かりました。

連日の猛暑ですが、アイロンを使っても、不思議と暑さを感じません。止め処なく流れる汗も、首に巻いたタオルに任せて、バッグ作りに熱中しました。私はミシンを持たないので、すべて手縫いです。

まずは1つ目…

Dscn3909  

上手く撮れてないけれど、持ち手にパッチワークをあしらっています。

(縦 36cm  横 43、5cm)

Dscn3907 あと1つ作れるぐらい布が残ったので、続けて縦長のを作りました。パソコンのテキストA4のファイルが入る大きさです。

 どちらも裏地を付けましたので、なんとなく模様が透けて見えます。

これにプリントするイラストをあれこれ思案中。講座の日は来週27日です。

さて、どんな作品になるか、楽しみです。

2010年8月11日 (水)

シャキシャキゴーヤ漬け

エコカーテンのゴーヤの育ち具合は如何でしょうか? ゴーヤは栄養価の高い夏野菜だそうです。酷暑の夏バテ予防に「シャキシャキゴーヤ漬け」は如何でしょうか。

私は植える時期を逃してしまい、植えていませんが、ご近所のかたによくいただきます。ゴーヤは油と相性が良いので、ゴーヤチャンブルーなどの炒め物が多いですが、たまには、さっぱりしたゴーヤも美味しいものです。PCのお友達のSさんから教えてもらった、「シャキシャキゴーヤ漬け」のレシピをご披露します。

  ゴーヤ       300g (タネと白いところを出来るだけ除き、スライスしたもの)

  酢          25cc

  醤油        50cc(うす口)

  砂糖        100g (グラニュー糖)

  出し昆布      5cm角 (もっと多くても可)

これらを全部混ぜて、冷蔵庫で保管する。半日以上漬け込むこと。時間が経つほど美味しくなります。3日目ぐらいが美味しいですが1週間は大丈夫のようです。苦味がそれほど気にならずに、ゴーヤ嫌いの人も好きになられるのでは? お試しのほど。

Dscn3856

2010年8月10日 (火)

平和祈念式典に出席して

 昨日8月9日は、第65回長崎原爆の日でした。

私の母校でも毎年8月9日には、全校の学生・生徒・園児が登校して、平和祈念式典が催されます。私も同窓生として出席しました。

                 平和祈念礼拝 9:20~

Dscn3866_2

 礼拝終了後、屋外に出て、平和祈念碑の前で、献水・献花・献千羽鶴 10:30~

Dscn3872_2

Dscn3876_3

Dscn3883_3

  War is Hell  の平和宣言碑 Dscn3864_3

 時折小雨の降るなか、11時02分、市のサイレンに合わせて、代表者により平和の鐘が打ち鳴らされました。出席者一同は世界の平和を祈り、静かに黙祷を捧げました。

2010年8月 3日 (火)

オオキツネノカミソリ

 8月1日(日)、朝6時から7時半までの町内大清掃を終え、迎えにきてくださったまささんの車に夫と乗り込みました。今日は、オオキツネノカミソリの花に逢いに行く日です。

 多良岳の途中、金泉寺の近くにオオキツネノカミソリの小さな群生地があるとのことで、私は今日の日を楽しみにしていました。

 金泉寺の登り口駐車場を降りて、ほんの10歩ほどのところに、お目当てのオオキツネノカミソリはひっそりと咲いていました。林の中の薄暗い環境です。私はもっと明るい、広い場所に一面に咲いているものとばかり思っていたので、ちょっと意外でした。

 湧水のせせらぎが小石の間を流れ、ミニ滝を作っていました。画面が暗いけれど滝に見えるでしょう? このミニ滝の上の湿地にオオキツネノカミソリが咲いています。

Dscn3795_2

            このような薄暗いところにひっそりと咲いています。

Dscn3798_2

            ストロボなしで撮影したオオキツネノカミソリの花

Dscn3800_2※ オオキツネノカミソリ(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属)   キツネノカミソリの変種  

    生育地: 山野  特徴 :花びらがキツネノカミソリより大きく、雄しべが花びらより長く突き出る

        これは、みちくさのおまけで、ダイコンソウ(大根草)の花

Dscn3809      ※ 茎の根もとから出る根生葉(コンセイヨウ)が野菜の大根の葉に似ているので。生育地は山野の林のへり、丘陵地など (花に小さなハチが。執拗に蜜を吸って離れない) (一緒に写っている草はコアカソ)

 オオキツネノカミソリとのご対面を終え、ミミさんご一家との合流地・黒木へ。鮎の塩焼き、鯉の洗い、味噌汁、冷やしソーメンに舌鼓を打ちました。

Dscn3813

 (まささん、ミミさん、お世話になりました)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »