2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月21日 (火)

メリークリスマス!

 メリークリスマス! クリスマスおめでとうございます。

 もうすぐ、12月25日はイエス様の2010回目のお誕生日・クリスマスですね。

 クリスマスは 「私達のために、救い主がお生まれになった」日 をお祝いする誕生祭です。

 キリスト教の教会では、どこでも、去る12月19日の日曜日にクリスマス礼拝が行われたと思います。

 私の行っている教会は、島原市の日本キリスト教団 島原教会です。

 10:20から始まるので、早起きして、電車を乗り継いで行ってきました。

 教会の玄関には、クリスマスツリーが飾ってありました。

Dscn4844_2 Dscn4843_2

 礼拝後、礼拝堂は食堂に早変わり。机や椅子を会食が出来るように並べ替えて、祝会が始まりました。

 60名を越す多人数分を、何日も前から周到に準備されていた、手作りのカレーや野菜サラダを装う裏方の私たちは、大忙しでした。

 この島原教会のカレーは美味しくて有名なのですよ!

 食事のあとは、恒例の楽しいビンゴゲームです。

 「ビンゴ!」と次々に名乗り出て、当たった人はそれを披露し、そのたびに拍手と歓声が起こっていました。

 その様子は続きのキッチンに居る私たち裏方にも十分に察しられます。

 気になった私は、キッチンからちょっと抜け出して、楽しい様子を大急ぎでカメラに収めてきました。

Dscn4846_2

 ビンゴゲームが終わったところで、「おまちどおさま~」とサンタさんが大きな袋を担いでやってきました。

 子どもたちの間から、またもや拍手と歓声が起こります。

 牧師先生もびっくりして、サンタさんにインタビュー。

 子どもたち一人ひとりにプレゼントが配られ、みんな大喜びでした。

Dscn4847_2 Dscn4848 Dscn4854   

 最後の写真は子ども会のみなさん作成の貼り絵が教会にプレゼントされたところです。

「子ども会のみなさん、すてきな貼り絵を有り難うございました。」

2010年12月17日 (金)

写真教室

 先日、諫早市展に初出品した同級生のK子さんが、彼女の参加している写真教室に誘ってくれたので、私も仲間に入れてもらうことにしました。

ブログ友のみなさんの素晴らしい写真に刺激を受けて、芸術写真とまでいかなくても、せめてブログにアップして恥ずかしくない写真を撮りたいと思っていたので、参加しています。昨日でまだ2回目です。

月に2回、木曜日の昼の部、と、金曜日の夜の部があり、私は昼の部に行くことにしました。

毎回、数人のこじんまりした集まりで、キャリアも各種展覧会に出品する腕前の人から、初めてデジカメを扱う人まで、様々です。

1日に300枚も撮りまくる男性のベテランさんもいらっしゃいます。

特に決まったテーマがあるわけではなく、それぞれの人が、撮った写真を持ち寄って、先生の講評やアドバイスを受けるという進め方です。

雑談のとき、先生が 「デジカメは失敗しても削除できるので、失敗を恐れずにどんどん撮ってください。でも、削除をしてしまうと、2度と同じものは撮れないから、ピンボケはピンボケなりに貴重なので、あまり潔く削除しないように」 と話されました。私は自分のことを省みて、まったくそうだ、と納得しました。

今年の教室は昨日までで、次回は1月13日です。

教室の帰りに、あまりに寒かったので、レストランで暖かいおうどんを頂きながら、2人で1時間もおしゃべりをしていました。そして、お互い、健康に注意して、楽しく生きましょうね! と分かれました。

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今日のおまけの写真は、あまりの寒さに必死で草にしがみ付いたバッタと大文字草のタネ(黒い点々)です。

 バッタちゃんはこのまま越冬するのでしょうか? 気になります。

 大文字草の実は、頭に2本の角があるのですが、私のカメラではそこまで判りませんね~。

Dscn4832 Dscn4840

2010年12月16日 (木)

てづくり市展示会へ

 ミミさんのお義姉さんのM子さんから、「てづくり市の展示会に私の作品を出すことになったので、見に来てください」とご案内があり、友達のN子さんを誘って出掛けました。

あいにくの雨でしたが、N子さんも、私も手芸が大好き人間なので、雨など気になりません。

諫早から電車で大村に着くと、M子さんとミミさんがM子さん運転の車で迎えに来てくださっていました。

会場には、たくさんの女性のお客さんが楽しそうに、あれこれ選んで買っていました。

私はM子さんの作品のなかから、アクリル・エコたわしを買って来ました。明日、美容室に行くので、お土産にしようと思ったのです。

(写真はクリックすると大きくなります)

Dscn4823 Dscn4824 Dscn4825

 このように、楽しい小物がいっぱいあります。これらは殆ど売れてしまったということなので、初日に行って正解でした。

私が買って来たエコタワシはうっかりして、帰ってから写真を撮らないまま、お土産に持って行ってしまいましたが、真ん中の写真の手前のほう(木箱の中)にあります。

 楽しい一日でした。

 ミミさんに以前所望していた、珍しいスミレの苗を頂きました。大切に育てます。ミミさん有り難うございました。

 春が待たれます。

Dscn4829

 M子さん、ミミさん、お世話になりました。

2010年12月13日 (月)

クリスマス・コンサート

 恒例の諫早市民 クリスマス・コンサート が、私の母校の主催で行われました。

 プログラムと個々のスナップです。(ピンボケでお恥ずかしいのですが)

 (写真の上をクリックすると、画面が大きくなります。)

Dscn4820_2

Dscn4814 Dscn4816

Dscn4795 Dscn4797 Dscn4798 Dscn4799 Dscn4800 Dscn4803

 フィナーレの高校1、2年全生徒によるハレルヤ合唱は2階席から響き渡り、満席の聴衆の感動のうちに終了しました。

Dscn4806

ご出演のみなさん、素晴らしい演奏を有り難うございました。感動をありがとう

  (ミミさんに教えていただいて、12/15にプログラムの写真3枚を修正してみました。

眼からうろこです。少しはまし? でしょうか。でも、もともとピンボケなので、これ以上は

ダメみたいです。 ミミさん、ご親切有り難うございました。)

                

2010年12月 8日 (水)

墓参の帰りに

 12月8日、今日は父の命日でした。昭和25年に、56歳で亡くなりましたので、今年で丸60年になります。

 実家の妹とお墓参りに行きました。これまで妹は夫の看病で、私は仕事があり、お互いに時間の繰り合わせがうまく行かずに、2人揃って行くことがありませんでしたが、今回初めて姉妹一緒に墓前に手を合わせることが出来ました。

 戦後まだ5年しか経ってなく、栄養のある食べ物も薬も無く、看病する母の気持ちはどんなにか辛かったろうと思います。

 さて、帰り道はみちくさです。

 9/20のブログにアップした臭木の所を通ると、青光りのする美しい実になっていました。そして、白っぽかった苞は美しい赤に染まっていました。この美しさに惹かれて小鳥が啄ばみにやって来るのですね。

 夏に蝶が受粉させて出来た実を、今度は小鳥が食べて、種を蒔いてくれるというわけです。そのおかげで、うちのお墓にも臭木が生えてくるので、「この木は触ると臭いから嫌ね~」と言って、いつも墓掃除の度に刈り取られています。でも、しつこく生えてきます。

Dscn4769

 9/20のブログの臭木(参考のため)

Dscn4154

足元には、箒で集めたように、ドングリがごろごろ。

Dscn4772

 ちょっと先へ進むと、頭の上に櫨の実が鈴生りにぶら下がっていました。

Dscn4776

 亡き父に良いお土産をもらって来たような気分になりました。

2010年12月 7日 (火)

公園の楠

 私の日課は片道10分位の所にあるスーパーに、毎日、歩いて買い物に行くことです。

途中、公園の中を通り抜けて、よく道草をします。

木の下を歩いていたら、ピーヨ、ピーヨと頭上が騒がしいので見上げたら、ヒヨドリが5、6羽で忙しげに何かを啄ばんでいました。

啄ばんでいたものは直ぐに判りました。楠の実です。真っ黒く、ヒヨドリのお好みに熟しています。

足元には、啄ばみ損なった実と彼らの落とした黒っぽい糞がいくつも落ちていました。

この公園には、特に珍しい樹木はありませんが、楠が7本もあります。どれも大木です。

不思議に思っていましたが、これらの楠は、公園の設計者が計画的に植えたのではなく、ヒヨドリたちが落として行った糞から自然発生的に芽が出て、そのまま大きくなったのだろうと想像しました。Dscn4755

この辺りの住宅地は37、8年前にニュータウンとして開発され、公園はそのときに出来たので、30年の間にこんな大木に生長したのでしょう。

楠の樹勢を今更のように実感しました。

現在、私はアボカドを鉢植えにして楽しんでいますが、生長の速さに驚いています。

アボカドも楠と同じクスノキ科に属していることを知り、納得しました。

これらの実は大小の差こそあれ、片や人間の、片やヒヨドリやムクドリたちの食べ物になっているのですね。

楠の実は真ん中に直径5ミリほどの硬い種があり、アボカドの種を思い起こしました。

             ~~~~~~~~~~~~~~~~

 ベストの残り糸で編んだネックウォーマーです。

Dscn4767

 とても暖かいです。棒針2本で編みました。

2010年12月 4日 (土)

ベスト完成!

 ベストを編むために注文していた毛糸が来ました。Dscn4689

 写真では色がよく判りませんが、くすんだむらさき色の中細ツィードです。

 首周りから編み始めます。

Dscn4705

 Dscn4707

 何回も編んだり解いたりしながら、昨夜12時に、やっと完成しました。

 11月26日から編み始めたので、丸1週間かかったことになります。

 Dscn4749                                    〔材料〕

     ツィード中細(40g) 5玉+α(首周りの縁分が足りなかった

   〔用具〕

     6号鈎針    

 下に着るセーターやブラウスを換えておしゃれを楽しみたいのですが、急に寒くなったので、コートの下の重ね着になりそうです。

 Dscn4744                                                           

2010年12月 1日 (水)

アボカドその後ー2

Dscn4736_2

 アボカドのその後の写真を前回のブログにアップしましたが、

今日は、その 友人のお宅の庭のアボカド2本の写真が

手に入りましたので、紹介します。

大きいほうが高さ2.5mあるそうです。

見えている海は、大村湾です。

友人は、数年前に、庭にタネを埋めたら芽が出たので、

そのまま育てているとか。

生長の速さにびっくりさせられます。

     

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »