2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月17日 (月)

はがき随筆

 今日は、先日よりミミさんにご紹介いただいたので、私のへぼ趣味「はがき随筆」のことを書いてみたいと思います。

 毎日新聞(山口県より西の、西部本社版)の地域面には、読者へのサービス欄として、毎日、5㎝×13㎝の狭いながらも人気抜群の、「はがき随筆」 という欄が1箇所だけ設けてあります。

 1971(昭和46)年に山口版で始まり、その後1982(昭和57)年から、長崎・佐世保面でも始まりました。

 「はがき随筆」というタイトルの由来は、はがきに書けるくらいの短い文章、から来ているのですが、字数は本文が14字×18行(約250字)、タイトルが7文字という制限があります。その限られた字数の中にエッセーを綴らなければなりません。

 私の投稿歴は1985(昭和60)年10月18日の「優勝と準優勝」の掲載に始まります。競争率が高く(約3倍)、ボツ続きのときもありますが、これもアタマの体操だから、と言い聞かせて現在まで続けています。

 そして、1998(平成10)年2月18日で掲載作品が50編になったところで、1冊の文集にすることにしました。1日の仕事が終わってから、シャープのワープロ(書院)に向かって、慣れない「1本指打ち」でどうにか全作品を打ち終えたときは、2000(平成12)年になっていました。4月には完成させたかったので、ワープロ原稿を同級生の印刷屋さんに持ち込んで、お願いしました。仕事の都合でどうしても校正の時間が取れなかったので、ミスがあっても、全て自分の責任だからと、無理を通したのです。案の定、あちこちにミスがありましたが、止むを得ません。

 文集のタイトルは、その中の作品から採って、『石焼きいも』としました。発行部数が少なかったので、手許には自分用しか残っていません。

 さて、先日の作品「雪明かり」が掲載された1月13日は、ラッキーなことに木曜日でした。何年か前に、民間のラジオ局(長崎放送NBC)と毎日新聞社が契約して、毎週火、木、金曜日の週3回、午前9時10分ごろから、その日のはがき随筆に掲載の作品がアナウンサーによって朗読されています。13日が、ちょうどその木曜日だったので、ミミさんに連絡を入れて、聞いていただいたのでした。

Dscn0064_4 Dscn4693_2

 なお、長崎では、はがき随筆欄投稿者でつくる「毎日ペングループ長崎」が2003年に発足し、年に4回の例会や4月の総会、12月の忘年会などと楽しみながら、ライバル?同士が仲良く切磋琢磨しております。

 毎月の掲載作品の中から、支局長や某大学の先生が選ばれる「月間賞」ほかや、「年間賞」、掲載100編になったら「100回達成賞」と、楽しみがいっぱいあります。

 私も100回達成賞を目指して、がんばります。

 

  

 

 

2011年1月11日 (火)

バッグ完成!

 手芸好きの友M子さんに、沢山の端切れを(といっても可なりの広さがあります)頂きました。

その中に素敵な柄の布がありました。(写真の上でクリックすると、画面が大きくなります)

Sscn0040

 直ぐに思いついたのは、バッグ作りです。でも、どのように裁ち合わせればこの花模様を最も活かすことが出来るか、2日間思案し続けました。

 そして、出来上がったのがこのツーウエイバッグです。あんまり素敵なので、ブログアップすることにしました。

   Sscn0047_4 Sscn0050_3 

 左の写真を表側とすれば、右のは裏側ということになりますが、どちらの模様も素敵でしょう?

接ぎ目が何処か分かりますか? 左側は、 中央で接いでいますが、ここにはポケットを作りました。

また、右側は、写真上部の右 1/4 辺りまで表側から来た接ぎ目が続いています。

 ミシンを持たないので手間や時間は掛かりましたが、とても楽しかったですよ。

   「M子さん、ほんとうに有り難うございました。」

 明後日はこのバッグに新しいデジカメを入れて、今年初の写真教室に行ってきま~す。

2011年1月 3日 (月)

新しいデジカメ

 昨年の暮れに、2代目のデジカメを買いました。

 初代のは、平成14年に、小さな花や昆虫が撮りたくて、PCに詳しい知人のお世話で、ニコンのクールピックス2500でした。

 初めのころは、マクロで15センチまでしか近付けないというのに、欲を出して「もっと、もっと」と近付き過ぎて、ピンボケになり、失敗ばかりしていました。

 あれから8年。どうにか使い慣れてきた昨今でしたが、齢を取るにつれ、老眼が進み、液晶モニターの面積が狭くて見辛く、ピント合わせに苦労するようになったことと、バッテリーの充電器がもうメーカーに在庫が無くなったというので、思い切って新調することにしました。

 大きなカメラ屋さんに行くと、種類が多くて迷いましたが、2代目もやっぱり、ニコンにしました。クールピックスS6000 です。一眼デジカメもいいな、と思いましたが、使いこなす自信がなかったので、諦めました。(液晶モニターはどの製品も広くなっていました)

Dscn4842  説明書首っ引きで、添付のソフトでPCにインストールして、やっと保存できるようになり、やれやれと思ったのも束の間、今度は、何回試みても写真がブログに載らないのです。

 原因は画像モードにありました。

初期設定が4320×3240で、これでは2.6MBもあり、ココログから撥ねられたのも無理はありません。

 これに気付いたのは、夜中の12時。スモールピクチャでサイズを640×480に処理して、解決です。やれやれ(笑)。

 ベテランのみなさんには失笑を買うことを承知で、私の新年早々の失敗談をアップしました。

 これからも、失敗を重ねながら、いろいろなことにチャレンジしてゆこうと思っています。

  

 

2011年1月 2日 (日)

真っ白なお正月

 あけましておめでとうございます。

  試行錯誤を繰り返しながら、今年もいろいろなことに

 挑戦して行きたい(生きたい)と思っています。

  本年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

     snow    snow    snow       snow    snow    snow    snow

 年末から年始にかけては、こちら九州・諫早市でも純白の雪に覆われました。

 30日の夜中に目が覚め、外がなんとなく明るいのに気づきました。

「さては、また外灯の消し忘れ?」と寒いのを我慢して起きて、玄関を開けると、

すーっと冷たい風。同時にあたり一面の銀世界が目に飛び込んできました。

雪明りだったのです。穏やかに、しんしんと粉雪が降っていました。

 明けて大晦日。張り切って雪景色をカメラに収めました。

 (物差しは20㎝用ですので、約7㎝積もっていました)

 (写真の上でクリックすると画面が大きくなります

                 植木鉢の行灯        2階ベランダの手摺りの雪

Sscn0024_2 Sscn0020 Sscn0021_2

 〈後記 … 言い訳〉

   実は、このブログを昨日(元日のうちに)アップしようとしていたのですが、

  画像モードが大き過ぎて、ココログに撥ねられました。

  やっと原因が分かったときには、既に夜中の12時。諦めて床に就きました。

  詳しくは、【新しいデジカメ】で。

  

  

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »