2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月20日 (日)

写真教室Ⅱ

 月に2回ある写真教室を、風邪で2回休んだので、2/16は1月ぶりの出席になりました。

休んでいる間に、写真展の計画が発表されており、出す作品を選ばなければなりませんでした。

私は仲間に入れてもらってまだ日数が浅いので、そのつもりで撮った写真が無く、今回はパスしようかと思いましたが、先生の励ましで出すことにしました。

Dscn3461

 先生が選んでくださったのが、↑の写真です。

これを邪魔になる部分をカットして、↓のようにすれば良いですよ、とアドバイスしてくださいました。横に入った赤い筋雲は無くしたほうが良いし、左右の影も不要とのことでしたので、家に帰って早速トリミングしました。

Dscn3461_2

 写真展は3/6(日)~21(月)まで、諫早市内のアトリエで開催されます。

時期が迫っているので、特別に2/25に教室を開いてくださることになりました。

作品はA4の写真紙に印刷して提出します。

会員20名の中には県展や市展での入賞歴のある錚々たる人が何人もいらっしゃるので、その中で私のは

最も稚拙な作品として目立つのでは? と恥ずかしく思います。

なにより、初めての体験なので、どきどきしています。

タイトルは 『あと1匹釣れたなら』 にしたいと考えているのですが、先生はなんとおっしゃるでしょうか?…。

ブログ友のみなさまも良い案がありましたら、お教えくださいませ。

2011年2月18日 (金)

きょんさんの「はがき随筆」

 2/9の熊のみちくさ日記 【タイの時計草】にコメントを寄せてくださった

きょんさんの「はがき随筆」が、2/15の毎日新聞(長崎版)にめでたく掲載

されましたので、ご紹介したいと思います。

       『格差社会』

   バンコクの娘宅への訪問も、今年で3回目となった。

   いまだにタイの物価がよく分からない。私の行くマッサージ屋は1時間700円、

  電車は60円から始まる。腐臭のする歩道上では屋台がひしめき、何十円で食

  べられる料理もある。しかし、孫の幼稚園の月謝は8万円、家賃は20万円。戸

  惑いを禁じ得ない。人件費削減のため進出する各国企業。その恩恵で富裕層

  はますます富を得る。

   当地の伊勢丹を出ると、直進車と左折車で大混雑。信号はない。リヤカーを押

  した労働者が立ち往生し、剥き出しの腕には幾筋もの汗が光っていた。

 (熊のkさんのブログだから… と、きょんさんは遠慮されましたが、短い文章の中に

  タイの現状の要点が良く分かると思い、ご紹介させていただきました。)

2011年2月12日 (土)

蕗のとうの梅干し煮

 立春は過ぎても、まだ真冬のお天気が続いています。

でも、昨日はスーパーの野菜売り場に、なんと、懐かしい蕗のとうが並んでいました。

1パック200円也。早速2パック買って来ました。

Sscn0127

 引っ越す前は、庭に蕗を植えていたので、毎年、今頃は蕗のとうが顔を出すのを楽しみに

していたのですが、こちらへ移ってからは、早春の楽しみがなくなり、寂しい思いをしています。

 蕗のとうの食べ方はいろいろあるようですが、私のお気に入りは「蕗のとうの梅干し煮」です。

 【作り方】

   蕗のとう          110g

   しょうゆ           ひたひた

   きざら   好みで      大さじ 1

   梅干し           2~3個 

 蕗のとう2パック(110g)はよく洗い、たっぷりのお湯をわかして塩少々を落とし、茹でます。一晩水にさらし、かたくしぼって、小さく刻みます。

 蕗のとうと、ひたひたの醤油を厚手の鍋に入れ、タネをとって刻んだ梅干しを入れ、とろ火で汁のなくなるまで煮ます。

 最後に(好みで)きざらを入れてなじんだら、火を止めます。

 ほろ苦さが梅干しの酸味でやわらげられた、佃煮です。

 ちょうど、のりの佃煮の空き瓶1本分できました。

Sscn0126 Sscn0125 Sscn0124

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして、恵さんのブログでヒントをいただいた「長いものバター炒め」と「レンコンと豆腐の炒め物」、夕べ、早速作りましたよ。

我流の味付け(長いも は塩コショウで、レンコンのほうは醤油と砂糖で)でしたが、美味しかったです。特に「長いものバター炒め」は主人に大好評でした。

恵さん、有り難うございました。

Sscn0128   

2011年2月 9日 (水)

タイの時計草

 どうにか風邪が治って、元気になりました。

ブログ友のみなさまにはご心配をお掛けしました。

 今日は、これまで自宅謹慎で、お目にかけたい写真も撮れなかったので、

友人のきょんさん(昨年12/1の私のブログでコメント)にいただいた写真を

アップさせていただきます。

 きょんさんは娘さん一家が海外勤務でタイに居られるので、会いに行ってこられました。

真っ赤な花を見つけ、ハイビスカスかと近寄って見たら、時計草の花だったそうです。

時計草もいろいろあるのですね。

Sscn0113

2011年2月 2日 (水)

風邪の特効薬・宇宙食

 久しぶりのブログです。

所用で23日の日に外出したのがいけなかったらしく、10日ばかり前から珍しく風邪をひいています。

頭痛と38度の発熱、咽喉の痛み、鼻汁と咳。クリニックに行ったらインフルエンザの検査があり、幸い、インフルはマイナスで一応安心しました。

医師から「からだを冷やさないように」と 言われましたが、いま日本列島はすっぽりと冷蔵庫の中です。エアコン、電気カーペット、こたつ と「ありとあらゆる」暖房器具を使って防衛しています。

無聊をかこっているところへ、友人の まささん が宇宙食の土産を携えてひょっこりと訪ねてきてくださいました。

彼は、22日に打ち上げられるロケットを見に、種子島まで行って来たとのこと。22日にはケータイの写メールで、テレビよりも、インターネットよりも速くニュースが届けられました。

そのときのメールで、本物の宇宙食をお土産に買っていると書いてあったので、わくわくしながら待っていたのでした。

写真はお土産の宇宙食「3色アイスクリーム」です。 フリーズドライして水分を除去してあります。全重量は19g。9個の塊りのそれぞれは、約2cmの立方体、日本の「落雁」のような干菓子に出来上がっています。そのまま口の中に入れられるようになっています。さて、気になるお味は? やっぱりアイスクリームの味でした。美味しかったです。

Sscn0093 Sscn0096

まさ さんに頂いた宇宙食のおかげで、風邪も快方に向かっています。最良の特効薬になったようです。PCに向かう元気が出て来ました。

みなさんも、風邪にはご注意くださいね。 

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »