2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タイの時計草 | トップページ | きょんさんの「はがき随筆」 »

2011年2月12日 (土)

蕗のとうの梅干し煮

 立春は過ぎても、まだ真冬のお天気が続いています。

でも、昨日はスーパーの野菜売り場に、なんと、懐かしい蕗のとうが並んでいました。

1パック200円也。早速2パック買って来ました。

Sscn0127

 引っ越す前は、庭に蕗を植えていたので、毎年、今頃は蕗のとうが顔を出すのを楽しみに

していたのですが、こちらへ移ってからは、早春の楽しみがなくなり、寂しい思いをしています。

 蕗のとうの食べ方はいろいろあるようですが、私のお気に入りは「蕗のとうの梅干し煮」です。

 【作り方】

   蕗のとう          110g

   しょうゆ           ひたひた

   きざら   好みで      大さじ 1

   梅干し           2~3個 

 蕗のとう2パック(110g)はよく洗い、たっぷりのお湯をわかして塩少々を落とし、茹でます。一晩水にさらし、かたくしぼって、小さく刻みます。

 蕗のとうと、ひたひたの醤油を厚手の鍋に入れ、タネをとって刻んだ梅干しを入れ、とろ火で汁のなくなるまで煮ます。

 最後に(好みで)きざらを入れてなじんだら、火を止めます。

 ほろ苦さが梅干しの酸味でやわらげられた、佃煮です。

 ちょうど、のりの佃煮の空き瓶1本分できました。

Sscn0126 Sscn0125 Sscn0124

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして、恵さんのブログでヒントをいただいた「長いものバター炒め」と「レンコンと豆腐の炒め物」、夕べ、早速作りましたよ。

我流の味付け(長いも は塩コショウで、レンコンのほうは醤油と砂糖で)でしたが、美味しかったです。特に「長いものバター炒め」は主人に大好評でした。

恵さん、有り難うございました。

Sscn0128   

« タイの時計草 | トップページ | きょんさんの「はがき随筆」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ1
早速作っていただきありがとうございます!
御主人さんにも喜んでいただき良かったです。
嬉しいです。
蕗の薹というと天ぷらが浮かびますが、梅干煮もいいですね。

恵さん、こんにちは。
 長いものバター炒めは、長いもが中途半端に残っていた
ので、ちょうど良かったです。
長いもにバターとは、気が付きませんでした。
 レンコンのほうは、豆腐が無く、厚揚げがありましたので
厚揚げを使いました。厚揚げだったので、炒めているときの
崩れが少なくて、調理が楽でした。
歯ごたえが全然異質で、面白い取り合わせですけど、
美味しいですね。
 お料理は創作ですね。
 おかげで、レパートリーが増えました。感謝です。

熊のKさん こんにちはcat
蕗のとうの佃煮、美味しそうですね。
私は、天ぷらしかした事がありません。
今度、フキノトウが手に入ったら作ってみたいです。
昔は主人の実家の裏や主人の会社の裏にフキを採りに行って
フキの佃煮を何度か作りましたが
以前のように空き地にもフキを見なくなりました。

ミミさん、こんにちは。
 蕗のとうを見たら、もうすぐ春だなって思いますね。
 この蕗のとうの梅干し煮は、家では私だけのこだわり
です。苦いのが嫌いな主人は、「よくも、こんなに苦い
物を好きだな」と、最近は見向きもしません。
でも、蕗のとうの顔を見たら、作りたくなるのです。
 苦味は水に晒す時間で調節します。
あまり晒し過ぎると、苦味は抜けるけど、香りも抜けて
しまいます。
 お酒を嗜まない私が言うのも可笑しいですが、
お酒のさかなにもってこいだと思いますよ。
 私はご飯の最後にちょっとだけ、これでお茶漬け
をするのを楽しみにしています。
 ほんとに、最近では野生の蕗を見かけることが
少なくなりましたね。
 これから、わらびやぜんまい、つくしなどが野遊び
を楽しませてくれますね。

蕗の薹は茹でて一晩水にさらすんですね!
なるほどです。

こんにちは~

蕗のとうって食べた事ないんですよ。スーパーで売っているのは見ますが
食べた事ないので、買いません。 アハ

長いもは大好きなんでよく使いますよ。
短冊きりにして厚切りハムと炒めたり、
すってからとろけるチーズを入れて、焼いてみたりもします。
つまみにグ~~です。

ばあばさま、こんばんは。
 水に晒してアクを抜くのですが、時間が
長すぎると独特の香りが消えるし、短すぎると
苦味が強いし、そのへんの調整が微妙です。
万人向きの味ではないと思います。
 ものは試し、ばあばさまも作ってみられますか?

カン子さん、こんばんは。
 蕗のとうは苦いので、万人好みではないでしょうね。
 御酒のつまみに堪えられないという知人も居ますので、
如何でしょうか。
 長いものとろけるチーズとのお焼きも美味しそうですね。
私も今度作ってみましょう。

こんにちは~
フキノトウは天ぷらしか作ったことがありませんが 
友達が毎年 フキノトウの佃煮を作ってくれます。
のりの佃煮のような感じですが ほろ苦い味が好きです。
梅干しで炊くのですか・・・
これもいいでしょうね・・

まあちゃん所は自然のフキノトウですよ。
取って歩くのも楽しみです。
写真に撮るのも・・・(笑)

まあちゃん、おはようございます。
 コメント、有り難うございました。
 私の所では、自然のフキノトウを見つけることが
できないので、買っています。
私も、庭に植えていた頃はフキノトウの写真を撮る
のを楽しみにしていました。
 梅干しを入れるとまたひと味変わって美味しい
ですよ。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390397/38840102

この記事へのトラックバック一覧です: 蕗のとうの梅干し煮:

« タイの時計草 | トップページ | きょんさんの「はがき随筆」 »