2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« はがき随筆 | トップページ | 写真教室 »

2011年7月19日 (火)

ブルーベリージャム

 産直の市場に行ったら、地元の農業高校の生徒さんが栽培した穫り立てのブルーベリーがありました。友だちにもらったブルーベリージャムのレシピで、いつか作りたいと思っていたので、そのチャンスが訪れたと、喜んで約420g入りのパックを3個買って来て、1kgでジャムを作りました。残りは冷蔵庫に保管して、私が時々少しずつ摘み食いします。

Dscn1654 【材料】

 ブルーベリー       1kg

 砂糖            500g

 レモン汁          レモン半個分

 【作り方】

 ① ブルーベリーをざっと水洗いし、よく水切りをして鍋に入れ、砂糖をまぶして暫く置く。

 ② 弱火にかけ、砂糖が溶けたら中火にし、少し経ったらレモン汁を加え、アクを取りながら50分ほど煮詰める。 (アク取りは最後まで行う)

 焦がさないように混ぜながら、アクをこまめに除くために、火の傍に1時間近く居るのが、暑い最中に大変でしたが、なんとか出来上がって満足しました。

 丁度、姪が訪ねて来たので「いいところに来たわね~」と1瓶だけですが、お土産に持たせました。

  Dscn1655  Dscn1657

     ↑アク取り中               ↑出来上がり

 

« はがき随筆 | トップページ | 写真教室 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

熊のKさん こんにちはcat
ブルーベリージャムが沢山出来ましたね。
暑い中、台所に長時間立つのは大変ですよね。
だから料理も簡単なものが多くなります。

ミミさん、こんにちは。
 首に掛けたタオルが汗でびっしょりになりました。
 苦労して作ったので、格別美味しいですね。
 早速、ヨーグルトのトッピングにして楽しんでいます。

ブルーベリーのジャムですか?
手作りの味はひとしお美味しいですよね。
私はイチゴジャムを作ったことがありましたが美味しかったです。

恵さん、こんにちは。
 私もイチゴジャムを作りますが、要領は同じで、
へたを取ったりする必要がないので、ブルーベリー
のほうが簡単でした。ブルーベリーのタネがブチブチ
と歯に当たって、野いちごジャムのようです。

なんでもすぐ飛びつく私ですがブルーベリーは身近にありません。
それに味もちょっと苦手です(笑)

台風、こちらは大したことなくて良かったですね!

ばあばさま、こんばんは。
 ブルーベリーは好きずきでしょうね。
この頃は、眼に良いとか言ってもてはやされているようです。
私は、子供のころに山遊びをしていて、もっと小さくて黒っぽい
実が秋に生っていて、舌を紫色に染めて食べていたのに、よく似て
いると思うのですが、何という木か分かりません。
 台風、四国方面へ行きましたね。私は明日、高校の同期会で、
博多行きが決まっていたので、列車が不通になったら、どうしようと
心配していました。

お久びりです。
私も先日ブルーベリーを買ってきて、私の場合はそのまま食べています。
1P買ってきたのですが、熊のkさんのブログに載っている量とは全く違いますから・・・
眼が悪くなってきたのが気になって・・・毎日食べようかと・・・
おいしそうですね。手作りは最高のごちそうだと思っています。

ブルーベリージャムは高価でなかなか買えません。
自家製ジャムにした場合、どうなんでしょう。私も挑戦してみたいです。

山遊びをして子供のころ、食べた実というのは、たぶん、シャシャンボ、別名サセブとか言ってブルーベリーの仲間だと思います。

アメリカのモンタナに行ったとき、ハイウェイで立ち寄ったお店に、ハックルベリーだったかしら、瓶詰めが売ってありました。結構、高かったです。なんとかベリー、とか結構種類ありました。
なつかしくなりました。やっぱり、私も作ってみたいです。レシピ有難うございました。

kuni-92さん、こんばんは。
 コメント ありがとうございます。
ブルーベリーは眼に良いそうですね。
 私は、自分でジャムを作ってみたかったので、飛びついて買ったのですが、考えてみると高価なフルーツではあります。1パック780円でしたから。スイカのほうがよっぽど安いです。
でも、私の好奇心を満足させてくれたので、教材だと思うことにしました。
手作りジャムは、特別に美味しいです。

きょんさん、こんばんは。
 シャシャンボという名前、教えてくださり、有り難うございました。
そう、これのことです! ネットでシャシャンボと検索したら、ちゃんと出てきて「あっ、これだぁ!」と感動しました。常緑のブルーベリーだ、と記してあり、ブルーベリーの接ぎ木に使うとも書いてありました。粒は小さいけれど、味はブルーベリーにそっくりだったことを思い出し、懐かしんでいます。
 火の傍に小1時間の作業はきついけど、きょんさんも頑張って作ってみてください。
 名前が分かって嬉しいです!!
 

熊のkさん、こんにちは!「うろちょろ」にコメントありがとうございました。
暑い中、1時間頑張った甲斐あって、格別なジャムができましたね!
ベリー系の果物は、体の酸化防止効果が高いので、私も日常的に100%ジュース
などで取るようにしています。日本では、買うと結構お値段するんですね。
オランダでは、あちこちで野生のベリーを見かけます。「うろちょろ」の写真に出ていた
ブラックベリーも野生で、採っても採りきれないほどありましたよ。うちの近所でも、
たくさんの赤スグリの実を発見しました。赤スグリは、色がとってもきれいなので
牛乳プリンを作って、添えて一緒に食べました。

はがき随筆の掲載、おめでとうございます。とても素敵なお話でした。
私は小さい頃、弥勒寺の祖父母のところに泊まりに行くのが楽しみで、毎週のように
行っていましたが、蚊帳は祖父母の家にしかなかったので、蚊帳の中で寝ることに
いつもワクワクしていた気がします。「おばあちゃんのお話」のオマケ付きでしたし。

コメントのつもりが、ずいぶん長い話になってきましたのでこの辺で(笑)。
日本の暑い夏はまだしばらく続きますね。どうぞお気をつけて、お元気で!

おはようございます。
ブルーベリーは目に良いと聞いています。
私もぜひ 作ってみたいと思います。
暑い中 キッチンに1時間も 大変でしたね。
出来上がると 喜びも倍ですね。

こみみさん、おはようございます。
 オランダの気候はどうなのでしょう? 皆目見当がつきませんが、日本より涼しいのでしょうか?
 お元気でお過ごしのようですね。
 野生のベリー類が豊富にあるようで、羨ましいな~。ちょっと外へ出ると、お八つが只で手に入る。
 
 そうですか~、こみみさんのお小さい頃には、もう蚊帳は無かったのですね。
外は蚊がブンブンでも、蚊帳の中に逃げ込むと蚊に襲われる心配がなくて、ほっとしたものです。そうそう、稲光だ!と蚊帳に逃げ込んだことも。蚊帳と聞くだけでたくさんの思い出がありますね。こみみさんがおまけに聞かれた、お祖母様の御伽噺は、今も覚えていらっしゃるでしょう?
 では、またよろしく。お元気で。

まあちゃん、おはようございます。
 暑い日のジャム作りは大変ですが、出来上がると
苦労も吹き飛びます。
眼にも良いということなので、作り甲斐があります。
是非作ってみてください。

こんにちは。
ブルベリージャムつくりに1時間!
うわ~ 長時間暑さととの戦いでしたね。

でも 手作りの味は格別ですから、さぞや美味しい事でしょう。
食べた~~い♪

最近の私の朝食は、フルールグラノーラにヨーグルトをかけて、
その上にブルベリージャムの乗せた奴なんですよ。

我が家のブルーベリーは、ちっとも色付きません。
ハギの葉がじゃまをして、光が入らないせいかな~?

カン子さん、おはようございます。
 仕事をしている頃は、こんな悠長な台所仕事はできませんでした。
遊んでいる今だから出来ます。でも、時間はあっても体力が…。
 そのような食べ方もあるのですね~。私も試してみます。
 カン子さんのお庭にはブルーベリーがあるのでしたね。
ハギは茂るので近くの植物は「お陰」を被りますね。
私も、庭が広かったら、実の生る木をいろいろ植えたいです。

こんにちは!
先日お邪魔したさくらです~
ブルーベリーのジャム沢山作られましたね。
手作りは美味しいでしょうね。
目にも良いそうですし
私もブルーベリーの木を2本育てていますが、花は毎年沢山咲きますが
実が着く頃には落ちてしまい実は数える程で収穫はできません。
素敵なブログですね。
またお邪魔させて下さいね。(^^♪

さくらさん、こんにちは。
 先日はありがとうございました。

 そして、今日もコメントを有り難うございました。
ブルーベリージャムは、もう2瓶は、友だちに上げました。
勿体無いので、少しづつ頂いています。
お家にブルーベリーが2本もあるとのことで、羨ましいです。
そのうち実がなるようになるのでは?
 さくらさんのブログを今、お訪ねしてきました。
お花や小鳥など、私の好きなテーマで、素敵です!
 これから、時々寄せていただきますね。よろしく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はがき随筆 | トップページ | 写真教室 »