2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大当たり! | トップページ | ゴーヤのエコカーテン(81) »

2011年8月10日 (水)

平和大行進(80)

 8月9日は第66回長崎原爆の日でした。

 私の母校・鎮西学院では、毎年、学生・生徒・園児の全員が登校して、平和祈念式典が催されます。私も出席しました。

 鎮西学院(旧制中学校)は被爆時は長崎市竹の久保町(現 宝栄町)にあり、爆心地から500メートルしか離れてなく、鉄筋コンクリートの校舎はほぼ壊滅状態、夏休みにもかかわらず登校していた一部の先生方や先輩方が犠牲になりました。そして、翌1946年に現在の諫早市で復興しました。辛うじて外形だけを残していた校舎は、敷地とともに現・活水高校に譲り、補強して使われてきましたが、最近老朽化が激しく、そのまま使うのが危険な状態になり、解体が始まりました。ここで少年時代を送ってきた、先輩方も80歳になり、心の拠り所としてきた校舎の姿が消えることに寂しさを覚えておられます。

 9日の前日8日には、下の新聞記事コピーのように、上記の活水高校と、学院発祥の地である東山手町の2地点より平和大行進が行われました。

 そして、9日。平和祈念礼拝の後、「War is Hell」 の平和祈念碑の前に全員が集いました。開始前、驟雨があり、式の進行が11時2分の市のサイレンに間に合うか心配されましたが、献水・献花・献千羽鶴の全セレモニーをつつがなく終えることができました。

 戦争を知っている私たちは、戦争を知らない若い人々に、戦争の悲惨さ、無意味なことをずっと伝え続けないといけないと思います。

 Img008_4 Dscn1840

Dscn1848  Dscn1850

« 大当たり! | トップページ | ゴーヤのエコカーテン(81) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

熊のKさん おはようございますcat
雨の中での式典、お疲れ様でした。
当時長崎の爆心地近くにあった、鎮西学院は大きな被害を受けたのですね。
活水に古い校舎がありましたが、あれが旧鎮西だった所ですね。
後輩の学生さんたちにも、先輩の経験者の皆さんが体験を伝えていかれる事は
とても大事な事だと思います。war is Hellは体験した人にしか分からない事ですから。

ミミさん、こんばんは。
 雨の心配さえ無ければ、炎天下ではなかったので、
参列者は楽でした。
活水高校さんは、被爆校舎を65年間も大切に使って
くださったのですね。有難いと思います。
若い後輩たちが、戦争と原爆の悲惨さを語り伝え、
平和な世界を築くことを願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大当たり! | トップページ | ゴーヤのエコカーテン(81) »