2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゴーヤ収穫第1号(83) | トップページ | キアゲハ誕生!(85) »

2011年8月21日 (日)

乗っ取られたパセリ(84)

 鉢植えのパセリの様子がどうもおかしい。つい四、五日まえまで密集状態で付いていた実が疎らになっている。さては? と、よく調べてみると、案の定キアゲハの幼虫が1匹住み着いていた。そう言えば、いつだったか水遣りをしていたら、頭上をヒラヒラとキアゲハが飛んでいたことを思い出した。他にもきょうだいがいるか調べたが、この1匹だけらしい。親はパセリの茂り具合を見て、卵を1個だけ産み付けたか、それとも速く成長したのがさっさと飛び立って行ったのか、よくは分からないが、このまま放っておくと、この幼虫は蛹になる前に餓死してしまうのでは? と心配した。

 私には、過去に何度もウイキョウ(フェンネル)やイタリアンパセリがキアゲハの幼虫に丸坊主にされた経験がある。彼らの食欲は相当なものだ。そしていつの間にか姿を消していた。

 せっかくのチャンスなので、この1匹の変身を見届けたいと思った。それには餌のパセリが足りない。

 妹にSOSの電話をした。

 「貴女、パセリ、植えとらん?」

 「いや、植えとらんよ。でも、冷凍庫にはあるから、使っていいよ」

 まさか、幼虫の餌にするとは打ち明けられず、「生のが欲しいのよね」

と言って、電話を切った。そして直ぐに、スーパーへ走った。野菜売り場に直行する。パセリは1袋88円也だった。

 帰って早速、パセリをよく洗い、幼虫のしがみついている枝とともに栄養ドリンクの空き瓶に挿して、玄関の飼育ケース(金魚用の水鉢)に移した。

 その後、新しい住処が気になるのか、枝から降りてケースの中をうろうろしていたが、パセリを食べる様子もない。さては、蛹になる場所を探しているのかも?

 翌日朝、覗くと枝に止まって、背を丸め、じっとしている。

 変化があったのは、その夕方だった。 調達したパセリには目もくれずに、蛹になっていた。

 蝶に変身するのは、おそらく10日~14日ぐらい後だろう。その日が待ち遠しい。

 蝶になった晴れ姿をブログアップするのを、いま、楽しみにしている。

 (アオムシ嫌いな方もいらっしゃると思い、あえて画像を載せないことにしました)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  散歩で出合った道端の花ばなです。(クリックで大きくなります)

 Dscn1945  Dscn1946  Dscn1948  Dscn1952  Dscn1950

 (左から) 朝顔、ルコウソウ、ジンジャー、ジンジャーのクローズアップ、ハマユウの実。

 

« ゴーヤ収穫第1号(83) | トップページ | キアゲハ誕生!(85) »

自然 植物・昆虫」カテゴリの記事

コメント

熊のKさん おはようございますcat
無事に蝶になるといいですね。楽しみにしています。
私も蝶の羽化の様子を観察してみたいと思っているのですが
探す時にはあお虫が見つかりません。
3・4番目の花はジンジャーと言うのですか・・・
私も散歩の時に撮ってきているのですが名前が分かりませんでした。

ミミさん、こんにちは。
 探すときには見つからず、見つけたときには食草は
丸坊主。なかなか思い通りには行かないものですね。
 さっき、玄関先を掃いていたら、野生のスミレにツマグロヒョウモンの
幼虫(終齢?)を見つけました。パンジーには大敵です。
 ジンジャーは真っ白もありますが、今年は咲いていません。
鼻を近づけるといい匂いがしますよ。ショウガ科です。

パセリをそのまま食べさせるなんてさすが熊のkさん!
アオムシは気持ちの良いものではありませんが蝶は綺麗ですよね。
蝶の撮影に成功されますように!
アップ楽しみにしています!

ばあばさま、こんにちは。
 パセリは2年目だったので、董が立ち、花から実になっていて、
どっちみち、人間の食用にはならなかったのです。
 蛹に餌は不要なので、何もしないで、見守っているだけです。
 蝶になったら、見てくださいね。

こ・こ・・・こんにちは~~~~~
アオムシ 苦手です^^:
でも、義母さんがもっと苦手なので、退治するのは私の役目なんですよ。

うちもなんかいます。 葉っぱが食べられてますもの。
でもじ~っと見れないから、そのまま放置してます。
そのうち蝶の大群が飛ぶかもしれません(笑)

カン子さん、こんにちは。
 カン子さん、アオムシ苦手だったんだ~。
写真載せないで、正解でしたね。
嫌われずにすんでホッとしました。
 蝶になったら載せるつもりですが、蝶ならいいかな?

本当に害虫には弱ってしまいますね。
特に刃物野菜が害虫にやられるともう終わりですね。
我が家でもプランターや鉢で育てているシシトウや大葉が虫にやられてしまいました。

ツーカーさん、こんばんは。
 害虫は困り者ですね。農家の方のご苦労が偲ばれます。
私のこのパセリは葉っぱも硬くて食べられなくなっていたから、
惜しくはありませんでした。
 大葉にはバッタが来るでしょう? 飛んで来るムシは駆除
できないので、お手上げですね。

やっぱ、青虫ちゃんは苦手な方が多かですもんね。

蛹から蝶々になるのが楽しみ。
キアゲハの成虫のアップをお待ちしております。
来年はパセリ畑が熊さんちにできてるかも~(笑)

ねこおばさん、おはようございます。
 キアゲハ幼虫さんには、てんてこ舞いをさせられましたが、
今は楽なものです。蛹には餌の調達の必要はないし。
 でも、次なるお客さん、ツマグロヒョウモンちゃんが。
スミレは野生のものがどこにもあるので、苦になりません。
 そうですね~。パセリ畑か。楽しそうですね。

熊のkさん!
急なんですがブログを閉めることにしました~
いつもコメントありがとうございました。
ブログは閉めますが今まで通りお邪魔させてもらいますので
これからもよろしくお願いします!

ばあばさま、こんばんは。
 お閉めになられたのですか?!
 楽しいブログでしたのに、お邪魔できなくなって、寂しいです。
 でも、私のところへはどうぞお出掛けくださいね。
 気紛れ更新ですが、よろしく。
 お待ちしていますよ~。

こんばんは。
私は人参の葉についた幼虫の観察をブログに載せたのですが 
さなぎが蝶に変えることができませんでしたので 熊のKさんには 
ぜひ 蝶のブログアップを・・と楽しみにしています。

まあちゃん、おはようございます。
 まあちゃんの人参の葉の幼虫のブログは残念ながら
見ていませんでした。よかったら、何時のか教えてください。
きっとその蛹はキアゲハだったのでしょうね。
 飼うということになると、餌の調達で忙しいです。
蛹になってほっとしました。
 とことが、今度はツマグロヒョウモンの幼虫の新客です。
今朝起きたら蛹になっていました。

夏休みの理科の自由研究みたいで楽しみですね。
義母に「虫を嫌がる母親は理科が嫌いな子になる」と言われ、娘たちとカマキリの卵、メダカの卵、何かわからない幼虫を育てた思い出があります。
読んでいて少し楽しみ!どうかきれいな蝶でありますように。
でも、蜘蛛やゴキブリなど苦手な虫はありますよね。

kuni-92さん、おはようございます。
 キアゲハの蛹の羽化まで後5日ほどかかりそうです。
 今、次なる蛹(ツマグロヒョウモン)も控えていて、当分は
目が離せません。
 きれいな蝶に変身するのが楽しみです。
 私は、蜘蛛はそうでもありませんが、ゴキブリは大嫌いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴーヤ収穫第1号(83) | トップページ | キアゲハ誕生!(85) »