2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

「太陽の里」宮崎へ(102)

 11月25日から1泊で、駅長おすすめの宮崎癒しの旅(JR九州旅行企画)に行ってきました。昨秋、長く患っていた連れ合いを見送った妹が、1周忌を済ませ、ようやく我を取り戻して、久し振りにのんびりと旅を楽しもうという気分になったと言って、このツアーに私を誘ってくれました。私たちは姉妹2人なのですが、これまで、お互いに妹は夫の看病、私は仕事で、泊りがけの旅行を楽しんだことはありませんでした。

 旅の道連れは、見ず知らずの41名の方がたと添乗員(男性)さん、バスガイド(女性)さん、それにバスの運転士さんです。

 一日目は、特急かもめ~新幹線さくら~貸切バスと乗り継いで飫肥(おび)市内に到着。3時間ほど昼食と飫肥の城下町を散策して、飫肥駅からは観光特急列車「海幸山幸(うみさちやまさち)」号に乗って宮崎駅へ。貸切バスは運転士さんとガイドさんで宮崎駅に先回りです。

 この列車の名前は南九州が舞台とされている日本神話(日向神話)の山幸彦と海幸彦に由来しているとか。列車の外装は飫肥杉を貼り、ぬくもりを感じさせるデザイン、車内は1歩足を踏み入れると、ぷ~んと飫肥杉の香りが迎えてくれました。車内というより室内と表現するのがぴったりの飫肥杉を使ったインテリアが飾ってあり、さながらおもちゃ箱から飛び出したような、素敵な列車でした。

 飫肥城下町散策 (鯉の泳ぐ小川と漆喰壁のお蔵)

   Dscn3365_2 Dscn3371

 海幸山幸号

  Dscn3393 Dscn3407 Dscn3405 Dscn3385

 2日目は列車には乗らずに、貸し切りバスでの移動です。

 宮崎神宮、青島、鵜戸神宮(昼食を挟み)と巡り、途中SAで休憩を取りながら帰途につきました。

 宮崎神宮            青島神社           鬼の洗濯岩

 Dscn3417 Dscn3426 Dscn3427 Dscn3429

 鵜戸神宮↓                     これはバナナの花です(初めて見ました)

Dscn3460 Dscn34551

 道中、事故に遭うこともなく、夕方7時半に無事帰宅しました。長時間、安全運転をしてくださった運転士さん、いろいろと気配りをしてくださった添乗員さん、みんなが退屈をしないようにと、楽しい会話と説明で盛り上げてくださったガイドさんに、そして2日間寝起きを共にした優しい旅の仲間のかたがたへ感謝しています。

     

2011年11月23日 (水)

レイコ・クルックさんを囲んで(101)

 久々の更新になりました。3週間も怠けると、もう、何から書いていいのか分かりません。また少しずつ更新して行こうと思っています。

 やっと、たくさんの行事が終わり、ほっとしていますが、目下、撮り捲くった写真の整理に大童。下手な写真ですが、心待ちにしている旧友に早く届けたい一心で、「写真屋さん」になって頑張っています。

 11月8日はフランス在住で映画や舞台の特殊メーキャップアーティストとして、世界を股に掛けて活躍中の同級生、レイコ・クルックさんのお里帰りに合わせた同窓会をしました。彼女は、6月にフランスの芸術文化勲章のオフィシェ章を受賞され、その後はあちらこちらでの行事に引っ張り出され、10月22日からの第24回東京国際映画祭の審査員の5人の1人として招聘を受け、来日されたのでした。同窓会には男女17名の同期生が集まり、彼女の受賞を祝し、今後のご健康とご活躍を祈りました。60年の歳月が経っていることを忘れさせられた、楽しく和やかな会でした。

 11月19日は教会のバザーでした。私はルームソックス10足を目標に編んでいたのが、ようやく完成して、間に合わせました。

 ルームソックス

Dscn3231  Dscn3228

 ミミさんに頂いたスミレが11月に咲きました(左)。 中央はパッションフルーツ(果物時計草)、急な冷え込みを心配して室内に。右は買い物の途中で会った、7歳のマックくん。お散歩に行きたい時には、このカードを自分でくわえるそうです。

  Dscn3161 Dscn3155 Dscn3286 

 

  

2011年11月 4日 (金)

「野外随筆大会」の結果(100)

 今回で、この「熊のみちくさ日記」も数えて100回目。始めは何も分からず、ミミさんやブログ友の皆さんのお支えをいただき、今日の日を迎えることができました。感謝しています。

 11月というのに、昨日は、また夏に逆戻りのような汗ばむお天気でした。

 諫早市展の入賞者の発表がありましたが、私の初作品(写真の部)は、やっぱり落選でした。同じ写真教室の仲間の80歳の男性が見事、最高の市長賞を射止められました。昨日3日から6日まで展示されますので、早速観に行ってきましたが、同じ場所に3日も4日も通い続けて撮ったという、イトトンボの写真で、誰が見ても「う~ん」とうなるほどの素晴らしい作品でした。

 さて、先日の「野外随筆大会」の結果は、おかげさまで優秀賞5編の1つに選ばれました。出迎えてくれたアカトンボにお礼を言わなくてはいけません。

 新聞の切り抜きの写真が、お読み辛いと思いますので、下に書くことにしましょう。ご笑読ください。

Dscn32481_2

 因みに、隣りの「風は吹き始めた」というのが、私の帽子のアカトンボの写真を撮ってくださったSさんこときょんさんの作品です。

 『秋風に乗って』

 「大村駅から、ガイドさんの案内を聞きながらアーケードの商店街を歩く。この道は旧長崎街道の一部だったので、あちらこちらに「○○跡」の標識が立っていて興味深い。私たちは鶴亀橋、武家屋敷通りを抜け、玖島城跡へと向かった。春は桜、初夏は花菖蒲と賑わっていた自然豊かな公園も、今は人影もまばらで静かだ。

 ふと、かすかな風を感じたのと、後ろを歩いていたSさんの「あら、トンボが」という声が同時だった。私の帽子にトンボが止まったのだ。撮ってもらったトンボの写真をお土産に、楽しい散策の一日は終わった。 」

 おまけの写真は…  左から 紅葉したコキア、面白い蜘蛛の巣、次の日の蜘蛛の巣(バックに黒いボードを置きました)、散歩で出逢ったネコちゃんです。

 Dscn3226  Dscn3233  Dscn3241 Dscn2396    

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »