2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

市川森一氏を偲ぶ記念礼拝(111)

 朝からボタン雪の舞う1月24日、午後は冷たい風のなかにも良いお天気になりました。母校の鎮西学院では、中学部の卒業生で、学院の理事・評議員を務めておられ、昨年12月10日に急逝された、故市川森一さんの記念礼拝が行われました。ご遺族・ご親族、全校学生、生徒や諫早市長ほか一般市民の方、卒業生ら多くの人々、約1,200人の出席のもと、式次第にしたがい、粛々と進行されました。

 講堂の壇上には、在りし日の市川さんの遺影が飾られています。つい3か月前の昨年10月22日の創立130周年記念講演では、この同じ講壇で、在校生に「希望の丘へ」と題して、在校時代の思い出話を入れながら、「希望を持って夢を追いかけなさい」と、熱く語りかけてくださったのに、今日はお写真だけで、もう、あの優しいお声を聞くことはできません。

 高校吹奏楽部の「威風堂々」の演奏に合わせて入場し、安置されたご遺影は、中学の帽章を付けた帽子を斜めに被り、ちょっと気取った、在校時代に皆からそう呼ばれていたように、思わず「シンちゃん!」と声を掛けたくなりそうな、可愛い写真でした。

 愛唱しておられた讃美歌を出席者一同で、また讃美歌122番(みどりもふかき)を高校コーラス部が合唱全校生徒によるハレルヤコーラスが講堂いっぱいに響き渡りました。きっと天国の市川さんに届いたと思います。

 最後に遺族謝辞では奥様の美保子様が、「鎮西学院の130周年のときの記念講演が最後の講演となりました。生徒の皆さん、市川のことを忘れないでください」と感慨深く述べられました。

 ご自分の育った「ふるさと」をこよなく愛され、あっという間に天国へ旅立ってしまわれましたが、市川さんのことを私たちはずっと忘れません。どうぞ安らかにお眠りください。

Dscn37591 Dscn37491 Dscn3750 Dscn37561

Dscn3733_2 Dscn3737 Dscn3735 Dscn3739

(「蝶々さんの梅」が蕾を付けていました。次回に載せたいと思います) 

2012年1月17日 (火)

視野の欠け(110)

 最近、寝転んだままでテレビを観ていて、字幕の端が見え難いと気付いたので、久し振りに片方づつ見え方の自己テストをしてみました。両眼だと、お互いに補い合うので、悪いのを発見し難いそうですので。

 すると、どうも左と比べて、右眼の見え方がおかしいのです。「えっ!? まさか、緑内障?」 びっくりして昨日、雨の中を眼科に行ってきました。

 2時間も掛かっていろいろな検査をし、丁寧に診察してくださった結果、私の怖れていた通り、「緑内障」でした。右だけでなく、左の方もすでに軽い初期に。視野の欠けは残念ながら元に戻る方法はない、進行しないように目薬を点すだけ。白内障は手術で治るが、こちらはひどくなると失明するので厄介な病気だと言われました。

 原因を聞くと、別に無理をしたからというわけではなく、老化に伴うものでしょう、とのことでした。PCや編み物や読書、テレビなどとは無関係のようで、ちょっと安心しました。40歳以上になると罹り易くなるそうです。お若い皆さんもどうかご注意くださいませ。

 目薬を1種類、1日1回、2週間点して通院するように言われて、帰宅しました。そして、ミミさんのブログを開けると、偶然、お義父様のお話が載っているでしょう。もう、びっくりしました。健康なときには別になんとも思いませんでしたが、こうして身体に不健康な所が出てくると、これまでの健康がどんなに有難かったかが良く分かりました。

 目薬は夜に1回です。新しい仕事が増えましたが、忘れないように点眼して、これ以上に悪くしないようにしようと思います。

2012年1月16日 (月)

体操教室(109)

 私の場合、「一年の計は元旦にあり」?いや、 「思い立ったが吉日」のほうが正しいでしょう。

 暮れの趣味の会の忘年会で、私より4歳しか、お若くないKさんが、体操で、身体がこんなに柔らかくなりますと、お相撲さんのするような「股割り」のパフォーマンスをして見せてくださったのです。居合わせた皆もですが、私は強烈なショックを受けました。

 私はといえば、からだはコチコチ、常に「よいしょ」、「こらしょ」、「どっこいしょ」の掛け声を掛けながら動いています。

 そこで、12月半ばでしたが、早速、Kさんが指導しておられる体操教室を訪ねてみることにしました。

 初めは見学だけのつもりでしたが、楽しそうでしたし、先生やお仲間に勧められて、恐るおそる身体を動かしてみました。ああ、悲しや、気持ちでは先生の真似をしているつもりでも、動作はまったくダメです。悲観している私に、「大丈夫。できるようになりますよ!」と声を掛けてくださいました。

 週に1回でまだ3回しか通っていませんが、3日坊主に終わらないように続けたいと思っています。とても、この私が「股割り」まではできないと思いますが(笑)。

 ブログ友のみなさんにこうして告白したからには、途中で止めるわけにはいきませんね。がんばります。

 

2012年1月 4日 (水)

新しい年が明けました(108)

                        

 新年おめでとうございます。

     いつも拙いブログにお付き合いくださり、ありがとうございます。

     今年もどうぞ宜しくお願いいたします。   

     2012年が皆様にとって良い年でありますように。

2011121116                                      長崎の龍踊り

 昨年の長崎のおくんちの出し物に、龍踊り(じゃおどり)は出ませんでした。これは、偶々暮れに、四海楼という中華料理店の前の広場で、どこかの学生さんがパフォーマンスをしているところに出合って、大急ぎでシャッターを切ったものです。

 今日の長崎地方はこの冬一番の冷え込みで、時折ボタン雪が舞いました。風邪が怖いので、こたつの番をしながら、編み物をしたり、読書をしたりしてのんびり過ごしました。

 Dscn3715  Dscn3716

   姪やその娘たちへのプレゼント用 もうすぐ4つ目が出来上がります            今、こんな本を読んでいます

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »