2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

撮れたかな?(117)

 写真教室で、「手振れ」を防ぐには自動シャッターにセットすれば良いと教わりました。
これまで幾度となく星や中秋の名月を狙ったことがありましたが、いつも光の帯だけが写っていて、上手く撮れないのは、カメラの所為にばかりしてきました。
 ねこおばさんのブログで、3/26の夕方には、金星、三日月、木星が縦に並んで見えることを知り、「ようし、今度こそトリオの天文ショーをカメラに収めるゾ~」と、カレンダーに○印を付けてその日を待ちました。やっとその日が来ました。お天気は願ってもない晴れ。遮る雲もありません。西空を見上げると、おお! 細い、三日月の上下に輝く金星と木星が。
 リハーサル通り、二階のベランダに上がり、10秒待ちに設定したシャッターを押しました。
なんとか撮れたようです。バンザ~イ。恐るおそるPCに入れてみます。

 Dscn4567_2  Dscn4568  Dscn4569 
  (写真は、画像の上でクリックすると大きくなって、木星も確認できますよ)

 うれしくて、3枚もアップしましたhappy01

 「ねこおばさん、有り難うございました。」   

 さて、話題は変わりますが、写真教室(3/22)の帰りに道草をして、諫早公園に寄ってきました。
 諫早公園は昔、上山公園(じょうやまこうえん)と呼ばれていたらしいのですが、日本の歴史公園百選の一つになっています。桜やつつじが美しいのですが、諫早大水害で有名になった眼鏡橋が公園内の池に1/2に縮小されて建立されていて、時季になるとその池では花菖蒲も楽しめます。
 ヒカンザクラもソメイヨシノもまだつぼみが硬かったのですが、大寒桜(おおかんざくら)がこの通り満開でした。(公園の境の塀には諫早家の家紋・登り藤が描いてあります)

 Dscn4517 Dscn4520 Dscn4528 Dscn4529 Dscn4530

 一番右の写真は先日ホタルの幼虫を水路に放流したので、落ち葉や外敵に邪魔されないようにと保護ネットが掛けられていました。初夏のホタルの乱舞が楽しみです。

 
  

2012年3月24日 (土)

待ち焦がれた春(116)

 窓を開けると、お隣りの庭からジンチョウゲの良い香りが飛び込んでくる。

                       シロバナジンチョウゲ

Dscn4506

 寒くて鳴りをひそめていた植物たちが、後ればせながら芽やつぼみを出して存在をアピールしている。何もなくなった植木鉢から、また枯れてしまったと悲観していた枝から、緑色の芽を発見したときの喜びは何に例えようもない。

 一番乗りは黄梅(おうばい)だった。次が前年水栽培で楽しんだ後、鉢に下ろしていたヒヤシンスが赤い花を咲かせた。ヒメリュウキンカが咲き出した。八重咲きのヒメリュウキンカはいつも遅い。だからいま、やっと蕾が葉の間に隠れている状態。

 Dscn4180  Dscn4170  Dscn4542

 ミミさんにいただいたスミレ(ミミさんに名前を聞いたのに忘れてしまったので、勝手に「ミミさんすみれ」と呼んでいる)が次々に咲き出した。トップバッターは明日写真に収めようと思っていたら、翌日は距の部分だけ残して姿を消していた。鉢の裏や周囲を調べても犯人は分からず、悔し涙を呑んだ。以来、夜は玄関に取り込み、朝、外に出している。その効があって、いま、全盛を誇っている。

Dscn4543_2

 後日、ようやく犯人を捕獲した。園芸台にのっそりと寝そべっているナメクジを発見したのである。スミレの花弁はナメクジの、そして葉はツマグロヒョウモンチョウ幼虫の大好物。まったく油断がならない。

 先日(3月3日)、昔の教え子たち(昭和23年生まれ)が クラス会に招いてくれた。大方が定年を迎え、孫のいる人も多い。久し振りの出会いで、「誰だっけ?」と思い出せない人もいて、失礼した。積もる話を交わしながら、温かいお鍋を皆でつついての楽しいひと時だった。その時、お土産にと花好きの私に蕾の付いたカトレヤの鉢がプレゼントされた。蕾がいつの間にか開き、いまも私を楽しませている。大事に管理して、来年も是非咲かせたいと思っている。

Dscn4491

 おまけの写真は水栽培のヒヤシンスと葉が黒色の烏葉ヒメリュウキンカの花。はじめは別々に植えていたのに、植え替えのときに混じってしまった。

  Dscn4492  Dscn4507  Dscn4553

 

2012年3月12日 (月)

ハプニング(113)

 3月9日は鎮西学院の大学(「長崎ウェスレヤン大学」といいます)の、卒業生の同窓会への入会式が、翌日10日の卒業式を前に行われました。私も同窓会の役員として出席したのですが、その足で、例の「蝶々さんの梅」の写真を撮って帰ろうと立ち寄りました。すると、三脚を据えて立派なカメラで狙っておられる先客があります。私も邪魔にならないように気を遣いながら、きれいな青空をバックに、美しく咲いている梅の花を撮りました。

 先客さんは、どこのどなたでしょう? と思っていたら、NHKテレビの女性記者さんでした。そして、突然インタビューを受ける羽目になりました。予期しないことだったので、びっくりして、なんとコメントしたら良いか、すっかりのぼせ上がってしまい、うろたえました。

 今日は間に合わないので、明日以降にニュース番組で放映されるとのことで、放送時間が決まったらお知らせしますと、私のケータイ番号をメモされました。

 翌10日、卒業式(卒業証書・学位記授与式)に出席しているところへ、マナーモードのケータイに連絡があり、間もなく昼の12:10からのニュースで出ることが分かり、大急ぎで、学長室のテレビの前に駆けつけ、皆で大騒ぎをしながら観ることになりました。(この日、夕方のニュースでも放映されました)

 私がNHKのテレビに映ることがあるなんて、これまで夢にも思いませんでしたので、一生の良い思い出になりました。これも市川森一先生のお陰なのですね。

 これから毎年この梅が咲くと、在りし日の市川先生のことを思い出すでしょう。

 3/9 の美しい青空に映える「蝶々さんの梅」と、そうとは知らずに撮っていた、記者さんの後ろ姿です。

 Dscn4295_2  Dscn4301

 3/10 卒業式の日、この梅の傍で記念撮影に集まる卒業生(これは、私が撮りました) と 右の2枚はテレビの画面を撮ったものです。

 Dscn4378  Dscn4384  Dscn4390  

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »