2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

招かざる客(127)

 (アオムシなどがお嫌いな方は 》続きを読む をクリックしないでください)

 シモツケソウのつぼみが膨らんで、いつは咲くかと毎朝楽しみに起きています。
ところが、そのシモツケソウに異変が起きていました。大事なつぼみがボロボロになっているではありませんか!
犯人は? と別の枝を見ると、やっと咲いた花に、気持ちよさそうに乗っかって、お食事中のムシがいます。
 よほど潰してやろうかと思いましたが、このムシが何の幼虫かを見届けようと、気を取り直して、写真を撮り、枝ごと切り取って花瓶に挿して、飼ってみることにしました。
 ご存知のかた、これの成虫の正体を教えてくださいませんか。(クリックすると画面が大きくなります)

Dscn5470

 花を育てている者にとっては、蜜だけを吸いにくる親ムシ(成虫)は許せますが、幼虫には泣かされますね。なかには花弁を食べにくるムシがいます。ナメクジやクロウリハムシです。
ナメクジは見つけ次第捕殺できますが、飛んで来るクロウリハムシにはお手上げです。せっかくのつぼみを食べて、開いたときにレースにしてくれたり、5枚の花弁を4枚や3枚にしてしまったり。気が付いたときは、もう何処かへ高飛びして、捜しようもありません。(写真はまるまる1枚食べられてしまったカワラナデシコです)

Dscn5473_3

 最近の私は庭へ出ると、先ず招かざる客捜しに躍起です。

 そこへ、珍しい蝶が飛んできました。大急ぎでカメラを向けましたが、この写真をやっと1枚だけ撮らせて、逃げてしまいました。もしかして…? 飼い始めたアオムシの親? と胸が高鳴りました。

Dscn5475

 これはヒメジャノメチョウらしいのですが、そうだとすれば、食草はシモツケソウではないので、違っているでしょう。

 何はともあれ、飼うことにしたアオムシの成長を楽しみにしています。

    

2012年5月23日 (水)

ピクニック(126)

 日曜日(5/20)、教会では礼拝の後、婦人部のいずみの会主催でピクニックがありました。
目的地は長崎県立総合運動公園です。三々五々、車に分乗して出掛けました。
いま、運動公園は平成26年度の「がんばらんば国体」を目指して、陸上競技場の建物が改築中です。
 お天気は、曇りがちながらも、寒くも暑くもなく、吹く風がさわやかです。大人が芝生の上に広いシートを敷いて準備中に、こども達は早くも、持ってきたボールやブーメランなどで遊び始めました。
 既に12時半を過ぎていましたので、まずはお弁当開き。緑に包まれた中でのお弁当は、とても美味しかったです。
 その後、聖書を読み、お祈りをして、みんなで讃美歌を歌いました。
 解散までの時間は、公園付近の散策やおしゃべりを楽しみました。
 カメラ片手に歩いていると、3人の人が頭を寄せ合って楽しそうに指を動かしています。手許には摘んできたクローバーの花が…。先輩のHさんのご指導で、童心にかえって花飾りを作っているところでした。

(家に帰り、私も早速、近くの公園の草原でクローバーの花を摘み、Hさんに教えてもらったのを思い出しながら作ってみました。帽子に付けると、ホラ、こんなに素敵な帽子に早変わりです。クローバーの花は白色ばかりでなく、まれにピンク色のもあるんですよ。)

 Dscn5416 Dscn5428 Dscn5436_2 Dscn5451

 花菖蒲が咲き始めており、芝生の間にはニワゼキショウやヒナギキョウなど、小さな花が、まるでお星様を散りばめたように咲いていました。

 Dscn5426 Dscn5422 Dscn5441 Dscn5440

 楽しい1日でした。

 

2012年5月21日 (月)

お日様や~い(125)

 5/21の金環日食、と言っても、私たちの長崎県では部分日食ですが、もう明日に迫りました。
私は木漏れ日の写真を撮ろうと、わざわざ2階のベランダに、枝が茂っているシモツケソウの鉢を運び、張り切って準備をしていたのに、どうもお天気が怪しくなってきました。世の中はなかなか思い通りにはゆかないものです。

                 シモツケソウの葉の影

Dscn5401_3                                                                   (ここまで5/20記)

 どうぞ、お日様が顔を出すようにと祈りながら床に就きました。
 さて、一夜明けて、カーテンを開けると、暗い、暗い。空は一面雲に覆われている。ああ、お日様は何処?
 というわけで、ついに世紀の天体ショーを観ることができませんでした。でも、テレビで日食の実況放映があっているころ、大雨が降るのでは?と思うほど不気味に周囲が暗~くなりました。

 外ではヒッペアスケリアがひと際明るく咲いて、私を慰めてくれます。ついでに、トケイソウを下から見上げたアップに写真です。

   Dscn5405_2   Dscn5410 

 

2012年5月16日 (水)

新しい仲間(124)

 管理が大変だし、植えるスペースも無いので、もう新しくお花は増やすまいと心に決めていたのに、花友のUさんのお庭に咲いていたナデシコのようなお花に、すっかり魅了されました。「これはカッコウセンノウという名前で、4、5年前に、山野草の展示会で求めて来ました。とても丈夫な植物で、株分けでも、実生でもよく殖えるんですよ」。
Uさんのおっしゃるように、お庭のあちこちに桃色や白色の花が風にそよいでいます。
そして、勧められるままにとうとう鉢ごと頂いて帰る羽目になってしまいました。

 家に帰って調べてみると、カッコウセンノウ は ナデシコ科 センノウ属 の植物で、白色カッコウセンノウのほうは 《ホワイトロビン》 というすてきな名前で流通していることが分かりました。

 というわけで、わが狭い庭にまた1種、新しい花が仲間入りしました。

 Dscn5321_2  Dscn5323

 全草丈は60センチあります。5枚の花弁は4烈して深く裂け、まるで鳥が羽を広げたように見えます。ここからカッコウソウという名前が付いたらしいです。

 日曜日(13日)は母の日でしたね。子供のいない私ですが、姪っ子から真っ赤なカーネーションの鉢が届きました。日頃は叔母らしいことを何ひとつしていないのに、優しい心遣いを有難く、うれしく思いました。

Dscn5301   

 ついでに、いまの我が家の庭の花たちを見てください。

 左から順に 小判草、チリアヤメ、白ハマナス、ロードヒポキシス(アッツザクラ)、トケイソウ

 Dscn5249_2 Dscn5223_2 Dscn5215_2 Dscn5217_2 Dscn5252_3

 ロドヒポキシスの陰に隠れてチラッと見えているのは 岩唐草 です。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »