2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 招かざる客(127) | トップページ | 諫早菖蒲(129) »

2012年6月 5日 (火)

写真教室野外実習(128)

 デゴイチこと一眼レフカメラに慣れない私と友人K子さんのために、先生と先輩仲間が撮影会をしてくださいました。
みんなで8名が今ハナショウブが見ごろの大村公園へと繰り出しました。
ウィークデーだというのに見物の人で賑わっていました。

 何処をどう操作して良いか分からないことばかりの私たち2人は、何度も同じ質問をしながら、夢中でシャッターを切ります。そのうち、初めに私のが、しばらくしてK子さんのが、バッテリーの残量表示が「アカ」になり 、2人とも「アオ」くなりました。私たちは揃いも揃って充電をして来なかったのです。こんなこともあろうかと予備のバッテリーを準備していた先輩が貸してくださり、助かりました。…これが一つ目の失敗。

 二つ目の失敗は、まったく初歩的なものでした。それは、こうです。
 Tさんが、借りたバッテリーを入れて、「さぁ」と被写体にカメラを向けるのに、モニターに映らないのです。私と2人で、あっちこっちと触ってみますがダメ。とうとう、「先生! 映りませんが、何故でしょう?」と訊く羽目になりました。先生曰く、「これは眼を瞑っていて『見えない、見えない』 と言っているのと同じですよ」。「なぁんだ、レンズにカバーが被さってたんだ」と皆で大笑いしました。

 きれいな花に近づき過ぎて、池に落ちそうになりながら、撮ってきた写真です。

2枚目の写真は、咲き終わった花穀を摘み取る作業をしているところです。請け負った業者の作業員の人たちが男性はヘルメット、女性はUVカットの帽子を被り、1つ1つ摘み取っておられました。美しい花の陰には、このような地味な仕事をしてくださっている人がいることを知りました。この場面は、確かにこの日6/4に作業をしたという証拠の記録写真を撮っているところかと思います。
(画像の上でクリックすると大きくなります)

Dscn5613_2 Dscn5610_2 Dscn5614_2 Dscn5624_3 Dscn5617_3 Dscn5627_3

 フリルの付いた、バラのような珍しい花が咲いていました。近づいて見ると、バッタの赤ちゃんが、気持ち良さそうに花びらのベッドの上でお昼寝をしていました。

 「やまと」という大村寿司の老舗で、楽しくおしゃべりしながら、美味しい「大村寿司定食」を頂いて 帰りました。

« 招かざる客(127) | トップページ | 諫早菖蒲(129) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

私は一眼レフ持っていないので欲しいと思っているのですが、重くて山にはどうかなと躊躇しています。
でほ本当は欲しいです。
バッテリーは私スペアも持っていくようにしています。
ただ結構高価なんですよね。

熊のKさん こんにちはcat
月曜日はちょうど見頃だったでしょう?
去年、花摘みの作業は絣姿でみの傘を被った人がしていたと
思うのですが、今年は普通の作業服ですね。
証拠写真も撮っていくのですね。
熊のKさんの失敗談・・・私にも覚えがありますよ。

ツーカーさん、こんばんは。
 一眼レフは結構重いです。首に提げると、肩が凝って辛いです。
山登りをなさるかたは、他の荷物もいろいろあるので大変でしょうね。
 バッテリーは早速スペアーを注文しておきました。

ミミさん、こんばんは。
 大村公園のハナショウブは、種類も多くて、きれいですね。
 花穀摘みの人は絣姿に甚八笠(ジンパチガサ)の出で立ちかと
思って、期待していましたが、普通の服装でしたよ。
たしかに、一昨年はそのような出で立ちでした。
帽子より甚八笠のほうが涼しいから、と言って、
草取り作業の時のために、売店で買って帰った友人が居ました。
 こんな初歩的な失敗を仕出かしました。お恥ずかしい話です。

わあ、花菖蒲....きれいですね。
今日、大村のジャスコ(イオン)に行くついでに寄ってみようかしら。

水辺に咲く花は、なかなか、一般の人は育てにくいですよね。

我が家のお隣さんは、蓮を育てておられます。
庭の上に四角の枠をこさえ、ビニールシートで覆い、4畳半くらいの池を作って、その中にスイレンや、蓮を植えておられます。

もう、蓮のつぼみがついておりますよ。
蓮の花を近くで見れるなんて夢のようです。
今度、株分けしてくださるとのこと、楽しみです。

kyonさん、こんにちは。
 大村公園に寄ってこられましたか?
お天気は良かったし、人出も多かったでしょう。
いろんな種類があるから、数えてみるだけでも
楽しいです。
 お隣さんの蓮、先日お宅にお邪魔したとき、
覗かせてもらいましたよね。つぼみが付いて
いますか? 朝、起きるのが楽しみでしょう?
 蓮の花を、毎朝、自分の家で見られるなんて、
お幸せですよ。ポンという音が聞けるかも? いいなぁ!

行ってきました!!
もう、感動しました。長崎県生まれなのに、初めて見たのですよ。

シャッター、押しまくりでした(^_^.)

我ながら、良く撮れたと思うものをプリントアウトしてPCのテーブル上に飾っています。
なんか絵葉書にできそうなくらい......被写体がいいと、素人でもこんなにうまく撮れるのかと納得しました。!(^^)!

kyonさん、こんにちは。
 ネ! 行って良かったでしょう? 
車の運転が出来るkyonさんだから、行こうと思えば何時でも行ける
ので、来年もまた行ってください。
そして足を延ばして、諫早の眼鏡橋のところの諫早菖蒲も見てください。
あれほどの豪華さはありませんが。
今度の日曜日、ペングループの例会の日、ご案内しましょうね。
でも過ぎてしまっているかも… ちょっと心配。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 招かざる客(127) | トップページ | 諫早菖蒲(129) »