2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

涼を求めて(138)

 毎日うだるような暑さが続きますね。

Dscn5809       

 写真教室では、昨日7/30、予ねての計画通り、涼を求めてのお出掛け撮影会がありました。目的地は南島原市有家町の「鮎帰りの滝」です。総勢10名が3台の車に分乗して出掛けました。

 朝7時半出発。途中に6/20に行った「谷水棚田」があるので、ここで途中下車して、稲のその後を観ることになりました。あれからひと月ちょっとしか経っていないのに、稲は株が張り、青々と生長していました。

Dsc_0504

 11時に目的地に到着。この「滝の茶屋」に10人分のソーメンを予約してから、滝に降りました。私たちのほかにも、人々が三々五々と訪れていました。

Dsc_0516_2 Dsc_0527

 足場の悪いところに三脚を据えて、涼しげな滝の写真がどうにか撮れました。

 冷やしソーメンとおにぎりと鳥のから揚げで満腹して、帰途に着きました。

 とは言っても、寄り道があと2箇所控えています。

 まずは、「島原の乱」で有名な《原城跡》に寄りました。(写真の上でクリックしたら大きな画像になります)

Dscn5794 Dscn5797 Dscn5798 Dscn5800 Dscn5802 Dscn5795 Dscn5796 Dscn5799

  次はまったくの嬉しいハプニングでした。雲仙市小浜町から千々石町方向へ走っていたときのこと、左側に広々と黄色に染まっているものが目に入りました。「あっ、ひまわりだ!」。前の車からは既に降りて、こちらに手を振っています。私たちが車を停めたのは言うまでもありません。つい先日、ひまわりの花にありつけずにがっかりしていた私たちに、思いがけないプレゼントでした。ここは、雲仙市小浜町山畑という地区で、じゃがいも畑だそうですが、このひまわりは種が熟さないうちに、肥料として間もなく畑に鋤き込まれる運命にあるのです。

 ここで汗を拭き拭き撮った写真です。

Dsc_0545 Dsc_0552

 最後に寄ったのはこの前行った唐比蓮園です。先日の曇天と違い、炎天下でしたが、蓮もスイレンも、前よりたくさん咲いていました。シオカラトンボはどうにか止まってくれましたが、根気良くカメラを構えて待ったのですが、オニヤンマのほうはなかなか止まってくれなくて、残念でした。

Dsc_0571 Dsc_0586 Dsc_0588

 つぼみに止まっているシオカラトンボが見えるでしょうか?

長い時間、長距離を安全運転してくださった先生や仲間の方々、暑いなかをほんとうにお疲れ様でした。お陰さまで、楽しく勉強ができました。心よりお礼申し上げます。

2012年7月21日 (土)

早起き撮影会(137)

 写真教室で、昨日20日は蓮園に行くことになっていた。このところの悪天候でお天気が心配だったが、午前4時に起きて空を見上げると、雲間から星が見える。5時には先生が迎えに来てくださるので、準備をして待った。

 目的地は諫早市飯盛町の唐比(からこ)蓮園。近付くにつれ、空模様がおかしくなり、フロントガラスに雨粒が落ちだした。でも、幸いにして長くは続かずに止んだ。すでに仲間のみなさんは到着していた。総勢7名。「ほんとうは、太陽の光が欲しいところなんだけどな~」 とぶつぶつ言いながら、広い蓮園を被写体を求めて思い思いに散った。

 私の撮ってきた写真は、夫に言わせるとただの記念写真。芸術性が無いとのこと。たしかに言えてる。せっかく憧れのデゴイチを買ってもらったのに、情けない。また、親切に教えてくださる先生や先輩の仲間さんにも申し訳がない。先生の日頃の教え―誠実、忍耐、努力、工夫を守って頑張ろうと気を取り直した。

 Dsc_0427 Dsc_0425 Dsc_0482

  Dsc_0436 Dsc_0441 Dsc_0463

 Dsc_0485 Dsc_0489 Dsc_0488

 この後、ひまわりを求めて諫早干拓の里へ向かった。けれど、すでに肥料として鋤き込まれた後で、咲いた花に合えずに残念だった。まだ蕾のひまわりがずらっとあったので、もうしばらく待って出直せば良いと思う。

 次回は島原方面へソーメン流しに行こうということになった。楽しみにしている。

 

 

 

 

2012年7月16日 (月)

恥ずかしながら訂正を(136)

 前回(135)で「やさいほおずき」の値段を1個50円だったと書いていましたが、正しくは1個5円の誤りでした。
お詫びして、訂正させていただきます。そろそろ認知症? と落ち込んでいますdown
ほんとうにゴメンナサイ。

2012年7月11日 (水)

うれしいお買い得(135)

 有難いことに、梅雨の晴れ間が昨日までで3日ほど続きました。お洗濯や布団干しなど主婦業も結構忙しいです。(今日は雨)

 そんな中、郵便局に用事があったのでいつもより早めにスーパーへ行くと、産地直産売り場に、《キズあり(ジャム、コンポート用)》 と表示されて、大小の桃がなんと箱いっぱい(15個)500円也で、それも1箱だけ棚に残っているではありませんか! 早速飛び付いて買うことにしました。そして、精算を済ませてから、ハタと気付きました。あいにくショッピングカートを引っ張って来てなかったのです。でも、そこは欲張り熊のkさんです。箱から出してお買い物バッグに移し、よいしょ、よいしょと提げて帰りました。帰って計ってみたら2キロ800もありました。おかげで肩が凝りました……

 昼食の準備の片手間に、早速『桃のコンポート』を作りました。以前、ふじ林檎のコンポートを作ったのを思い出しながらの我流です。

 Dsc_0421_2 Dsc_0422 Dsc_0423

 手前味噌ながら美味しかったですよ。プレーンヨーグルトを掛けて頂きました。

 産地直産売り場といえば、先日珍しいモノを発見しました。1個50円。新しいものには何でも興味津々の私、高価だなぁと思いながら、4個だけ買って来ました。さて、そのお味は? 2個はちょうど訪ねてきた友人に上げ、あと2つ生で食べてみました。熟していないほおずきのような、トマトのようなナスビのような、匂いにも特徴無く、何にも例えられない不思議な味のヤサイ? でした。美味しい食べ方があるのでしょうか? こう言ってはせっかく生産してくださった方に悪いけれど、1個50円も出して二度と買うことはないと思いました。そうそう、名前でした! その名前は『やさいほおずき』だそうです。ほんとにほおずきそっくりの姿をしているでしょう? 実の大きさはミニトマトよりも小さく、ほおずき位です(写真が上手く撮れてなくて済みません)。

Dsc_0393

      ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

 1年くらい前のブログ友恵さんの記事で見せてもらったオイランソウが、高校時代に校舎に沿って植えてあったクレオメにそっくりだったので、懐かしさが込み上げて、来年は是非植えてみたいと思っていました。今年の春、園芸店に注文して取り寄せてもらい、タネを蒔き、花が咲くのをわくわくしながら待ちました。そして、やっと咲き出しました。タネ袋には「クレオメ」と書いてありました。こぼれダネで来年も芽が出て、花が咲くそうです。恵さん宅のオイランソウはどうしてるでしょうか? 近くの原っぱにネジバナが咲いていました。以前はもっといっぱい咲いていたのですが、今は少なくなりました。

Dsc_0397 Dsc_0404

 以前、PC教室でフォトスケイプの勉強をしたのを思い出して、おさらいをしてみました。
 どうにか覚えていてほっとしました。

Dsc_0413

         

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »