2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

ソバの7日目とキアゲハ(148)

 きょうも台風14号による不安定な天気で、時折土砂降りの雨に遭い、ソバ(元肥)の芽は哀れな姿になっています。無肥料のほうは、芽が出揃って、双葉も開いてきました。

Dscn6059

 次の写真はパセリに育ててもらったキアゲハです。今回も、羽化の瞬間に立ち会うことができませんでした。飛び立ってから11日目、今、丸坊主になったパセリがやっと元気になりました。今度はニンゲンさまに食べられる運命です。

  Dscn5970_2 Dscn5980Dscn6061_4  

2012年8月28日 (火)

無肥料ソバの発芽(147)

 台風15号の接近で、風が出て来て涼しいですが、時折ザーッと雨が降ってきます。
雨が降っていないときを見計らって、ソバの写真を撮りました。
無肥料の鉢も芽が出てきました。

   Dscn6052001_2   Dscn6054

 次は、種から育てているアボカドとパッションフルーツのその後です。
アボカドは大きくなり過ぎて(50センチの物差しを越えました)、鉢植えでは将来が案じられますので、養子先を探しているところです。パッションフルーツのほうは、エコカーテン式でこのまま育てて良いかなあと思っています。

   Dscn5826  Dscn5957002

    

2012年8月27日 (月)

ソバの発芽(つづき)(146)

 立秋も過ぎて久しいのに、この暑さです。が、朝日が昇るのははっきりと遅くなりました。
眠い目をこすりながら、ソバの芽にご対面です。昨日より随分伸びて、モヤシのようになっています。
なんだか頼りない姿。大丈夫でしょうかね~?

Dscn6049_3

       tuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptulip

 いつも通る道の植え込みの空間に、近くのマンションのお花好きの人が植えられたと思われるハマナスがあります。
未だ1度も花が咲いたことがないのですが、最近になってやっとツボミが付きました。
いつ咲くだろうか、何色だろうかと通るたびに楽しみにしていたところ、今朝、こんなに美しい花に逢うことができました。

 Dscn6023 Dscn6030

 甘い匂いに誘われた蜂が、黄色い花粉を体いっぱいにくっ付けて忙しそうに動き廻っていました。

 おまけは大好きな露草です。花は少し貧弱ですが、葉っぱの丸い「マルバツユクサ」という種類もあるのですね。
お隣の庭にはムラサキツユクサが咲いています。 

Dscn6020Dscn6019_2 Dscn6022 

2012年8月26日 (日)

ソバの発芽(145)

 ソバを蒔いたのは8/22でしたが、昨日(8/25)朝、鉢の土が所どころ盛り上がっています。まさか? と思ってよくみると、鉤のようになって、もう芽が出かかっていました。

 で、取り敢えず今朝の写真です。

Dscn6042

 kyonさんが、荒れた土でも育つと教えてくださいましたので、昨日はもう1鉢無肥料の培養土に蒔いてみました。今芽が出ているのは、元肥(化学肥料)を入れたので。
元肥入りと無肥料の育ち具合を比較してみたいと思っています。

2012年8月22日 (水)

蕎麦を蒔きました(144)

 毎日新聞に坪内稔典さんの「季語刻々」という欄があり、8/18(朝刊)に

    雲の峰くづるる日なり蕎麦をまく (谷口 善太郎)

という句が紹介されていました。
 それによると、今は秋蕎麦を蒔く時期だそうです。蒔いた後、70日くらいで収穫できるらしい、としてありました。

 私の手許にはkyonさんに頂いた蕎麦の実(タネ)が20粒ほどあります。何時蒔こうかと迷っていたところだったので、植木鉢と土を準備して、早速蒔きました。花が咲き、実になるのが楽しみです。実になったら…? と想像するだけでもわくわくします。

               ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 昨日は用事があって大村市まで行ったので、野岳湖まで足を伸ばして湖水の周りをぐるっと一周散歩をしました。景色は良いし、木陰の散歩道には湖上からの風が涼しく、別天地でした。つり橋を渡り、林の中を歩くと、イヌビワの実が真っ黒に熟していました。この実はジューシーで甘くて美味しいですよ。子供の頃食べたのを思い出して、1つ摘んで口に入れてみました。懐かしい味がしました。

 Dscn6002  Dscn6004

 帰りにまささん宅に寄ると、奥様のM子さんが、「主人に言われていたから」と、近くの畑まで案内してくださり、生っている西瓜を採ってくださいました。スイカ大好きの夫は、大きなスイカを貰ってご機嫌です。帰ってから量ってみたら、5キロもありました。「有り難うございました。」

 Dscn6006

2012年8月18日 (土)

頂き物 切ってビックリ、黄色い西瓜(143)

 お友だちのまささんが、自家製の野菜や、お母様の漬けられた高菜漬けなどを届けてくださいました。
その中に珍しい、未だ食べたことのない白いゴーヤがありました。

Dscn5911

 白いゴーヤは初めてです。偶々、ブログ友のmahoさんのブログで「ヨーグルトと塩麹の漬け物」というのが紹介してあったので、早速真似させていただきました。ヨーグルトも塩麹もタイミングよく冷蔵庫に常備していましたので。
恐るおそる試食してみましたが、苦味も少なく、美味しかったです。
おかげで、レパートリーが増えてうれしいです。

 さて、スイカ大好き夫が待ちかねていた冷蔵庫のスイカですが、いよいよ切りました。
すると…… こんなに綺麗な黄色が現れました。

  Dscn5943_2  Dscn5947

 皮が薄く、甘くて最高のお味。スプーンですくって食べましたが、アイスクリームのようでした。
「来年も待っとるよ」 な~んてムシのいいことを言っていますよ、まささん。

 「まささん、有り難うございました。」

 

 

 

2012年8月16日 (木)

ミニポーチ2種(142)

 むしむしする盆明けです。エアコンを28℃に設定し、扇風機を使っています。その部屋に裁縫道具を持ち込んで、前からイメージしていたケータイ用とデジカメ用のミニポーチを作りました。

 ケータイとデジカメは、家から1歩でも外へ出るときは、いつも身に着けるように習慣づけていますが、それでも忘れることがしばしばです。

 ポケットのあるパンツのときは良いのですが、スカートのときはポケットが無いので困ります。そこで考え付いたのがミニポーチです。こんな物を作ってみました。

 ミシンが無く手縫いなので、見かけが悪いのですが、ご披露します。

Dscn5923 Dscn5921

 上の写真は表の側で、裏側を見ればこのようになっています。

Dscn5924 Dscn5922

 裏側にベルト通しを縫い付けました。左がケータイ用で、右がデジカメ用です。
ケータイ用はオープンですが、デジカメ用は2辺をファスナーで閉じます。
デジカメ用は裏地との間にキルト芯を入れて、カメラを保護するようにしました。
 これをウェストポーチになるように、ベルトで固定します。

 これで、落としたり置き忘れたりの心配から開放されるでしょう。

 

2012年8月12日 (日)

最良の日(141)

 「8月11日に、先生の喜寿をお祝いしてクラス会を計画しているのですが、ご都合はいかがですか」 と教え子から電話があったのは7月17日のことでした。
 このクラスは、私と13歳違いで、高2、3年と2年間受け持ちました。早いもので、あれから45年の月日が経っています。それなのに、いつまでも私のことを覚えてくれていることを有難く、うれしく思いながら、指折り数えて昨日の日を待ちました。

 どんな顔ぶれの人たちと会えるだろう? と楽しみで胸がわくわくしました。
この猛暑のなか、男子8名、女子7名。遥か東京や埼玉、福岡からわざわざ駆けつけてくださった人もいます。うれしかったですね~。

 近況報告では、大病を克服した人、親御さんの介護をしている人、連れ合いさんを亡くした人なども居られて45年の歳月の重みを感じました。

 サプライズは吹奏楽部で活躍していたOさんのクラリネット演奏でした。
曲目は「しあわせなら手をたたこう」、「この広い野原いっぱい」、そして皆のアンコールに応えて 「夜霧よ今夜もありがとう」 の3曲でした。

 お祝いの記念品にとバカラの素敵なグラスを頂きました。たった2年間の短いご縁でこうしていつまでも覚えて、大事にしていただき、勿体無いと思っています。私のこれまでの人生で忘れられない最良の日でした。

Dscn5887_2 Dscn5908 Dscn5882 Dscn5917_2 Dscn5918_4    

 そして、また今日は、Mさんの88歳になられるお母様(日本画家)からこんなに素敵な色紙を、額まで付けて頂きました。私が大好きな「露草」です。早速、私の書斎に飾らせていただきました。お母様の年まで11年もあります。私も頑張らなくては、と元気をいただきました。

 皆さま、ありがとうございました。

  

 

2012年8月11日 (土)

平和祈念式典(140)

 一昨日8月9日は長崎に原爆が落とされて67年目の日でした。
 私の母校鎮西学院は長崎市竹の久保町(現在、活水高校が建っている)で被爆し、諫早市に移転して再興、創立131周年のミッションスクールです。
 鎮西学院では、毎年8月9日には全校生徒・職員が登校して、平和祈念礼拝を守ります。
 原子爆弾で亡くなられた当時の学生や職員の遺族のかたや卒業生の有志も出席して、慰霊と平和の誓いをしております。
 9:20からの平和祈念礼拝には、説教の講師として、同志社国際高校のチャプレン・山本真司先生をお迎えし、「義の実を蒔く」という題で平和の尊さについて説教を賜りました。
 礼拝後にいつ雨が降るかもしれない曇り空のなか、場所を野外の慰霊碑の前に移し、献水・献花式が行われました。

  Dscn5875_2  Dscn5847

 Dscn3860  Dscn3862  Dscn1856

 原爆投下の11時2分、遥か市中から聞こえる慰霊のサイレンに合わせ、代表者らによって1本の綱を引かれて鳴らされた平和の鐘の音の下、永遠の平和を祈りました。

Dscn5862

2012年8月 1日 (水)

誕生日雑感(139)

 7月24日は誕生日でした。77歳になりました。小さいときは体の弱かった私が、この年まで無事に生かされたことに、改めて感謝せずにはいられません。
 75歳で始めたブログはやっと3年目に入りました。
 初めのころ、右も左も分からず、何かあると、いつもミミさんにメールで教えていただいていたことを懐かしく思い出します。不十分ながらも、このごろようやくどうにか独りで出来るようになりました。
ミミさんがいらっしゃらなかったら、途中で投げ出していたかもしれません。ほんとうに有り難うございました。
 気紛れな更新で、まだ130回余りに過ぎません。もう少しピッチを上げたいところですが、夫と共有のパソコンなので、なかなか思うに任せられない事情があり、今回も順序が後先になりました。
 いつも、拙いブログをお訪ねくださるブログ友の皆さんに、心よりお礼申し上げます。
 そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »