2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蕎麦を蒔きました(144) | トップページ | ソバの発芽(つづき)(146) »

2012年8月26日 (日)

ソバの発芽(145)

 ソバを蒔いたのは8/22でしたが、昨日(8/25)朝、鉢の土が所どころ盛り上がっています。まさか? と思ってよくみると、鉤のようになって、もう芽が出かかっていました。

 で、取り敢えず今朝の写真です。

Dscn6042

 kyonさんが、荒れた土でも育つと教えてくださいましたので、昨日はもう1鉢無肥料の培養土に蒔いてみました。今芽が出ているのは、元肥(化学肥料)を入れたので。
元肥入りと無肥料の育ち具合を比較してみたいと思っています。

« 蕎麦を蒔きました(144) | トップページ | ソバの発芽(つづき)(146) »

園芸」カテゴリの記事

コメント

熊のKさん こんにちは

早いですね発芽したのですかnotes
土壌も考え研究熱心ですね流石先生
成長記録を楽しみにしています。
では又お伺い致します

mahoさん、こんばんは。
 私もあまりの早さにびっくりしました。
 偶然に、タネを少し残していたので良かったです。
3日後れになりましたが、同時進行(並行)にすれば
おもしろかったかな、と思っています。
 無事に収穫? まで行けばよろしいのですが…。

熊のKさん おはようございますcat
70日で収穫できるので、さすがに発芽も早いですね。
荒地にも育つなら育てやすくていいですね。

ミミさん、こんにちは。
 毎朝、ソバの育ち具合を観察する仕事が増えました。
 まるで、遅蒔きの「自由研究」です(笑)。

こんにちは。
発芽、おめでとうございます。

我が家の畑に蕎麦が芽吹いたときの話をしますね。
まず、種を撒いた記憶がないものですから、いったいこのまあるい葉っぱは何の葉っぱ?と何日か考え抜いたものです。

最初は、大村の公園で拾った銀杏の実をこぼしたかな?なんて思っておりました。

ふと、以前、お蕎麦屋さんから、そば殻をいただいて、枕を作るつもりが面倒になって、腐葉土代わりに畑の土の中に混ぜいれたことを思い出しました。

この蕎麦は虚空蔵山のふもとで品種改良して作られたブランドです。だからお蕎麦屋さんには悪いのでこの件は話しておりません。(^_^.)

以後、家のあちこちから、蕎麦が季節に関係なしに芽吹いています。
これで蕎麦を打てたら.......ロマンですね。

kyonさん、こんにちは。
 このソバは凄いブランド品なのですね!
大事に育てなくっちゃ。
そして実が生ったら、蕎麦打ちパーティーを…な~んて。
想像するだけでも楽しいではありませんか!
そのときは、足りないから、本物のそば粉をちゃんと買いましょうね。
実が出来たら、乳鉢で擂って、篩で篩って、本物に混ぜちゃいましょう。
きっと、美味しいお蕎麦が食べられますよ。
「獲らぬ狸の皮算用」とはこのことですね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蕎麦を蒔きました(144) | トップページ | ソバの発芽(つづき)(146) »