2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ソバの花(153) | トップページ | 敬老の日と秋祭り(155) »

2012年9月15日 (土)

県展の審査結果(154)

 どきどきしながら迎えた9月14日。ダメモトで出品したとは言っても、なんとか良い評価を受けたいというのが本音です。
 朝、写真の先生から「おめでとう。入選でしたね。ホームページで見ました」と、うれしい電話をいただきました。私のPCでは添付ファイルのPDFが入らずに見ることができなかったので、俄かには信じられませんでした。そのうち、教室の仲間のかたからも電話やメールが入り、午後遅くに郵便で通知があって、やっと実感が湧いてきました。

 同じ教室の仲間から入賞が1人、入選が3人入りました。

 早速、今日は展覧会場のテープカットの日で、選者から直接、作品の講評が聞けるということなので、長崎市の県立美術館へ行って来ました。会場は、大勢の出席者で座る席も足りずに、熱気で、むんむんしていました。私は階段からセレモニーを見ていました。

  Dscn6217_2    Dscn6220

 お恥ずかしいのですが、私の入選作品は 『いこいの水際』 と題したこの写真です。

Dsc_0570

 審査の先生のお話では、花の白色の印象が強くて、トンボの方へ、観る人の目が直ぐに行かないのが欠点だということでした。なるほど…と納得した次第です。

 どの作品も素晴らしいものばかりで、行ってよかったと思いました。

 長崎会場(9/15~9/25)の展示が終わったら、佐世保会場(10/4~10/14 島瀬美術センター)と諫早会場(10/18~10/28 諫早文化会館)でもあります。

 

« ソバの花(153) | トップページ | 敬老の日と秋祭り(155) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

熊のkさん おはようございます~
写真県展入選おめでとうございます~良かったですね~\(^o^)/
「いこいの水際」ですか?お題も素敵
勿論お写真もほんと素晴らしいです~。
熊のkさんのお人柄がにじみ出ている作品の様に思います。
これからもますます意欲も膨らまれる事でしょう~
頑張ってね!!

熊のKさん 県美展 入選 おめでとうございます。
いい写真ですね~
すごいですよ~
励みになりますね。

花菜さん、こんばんは。
 お祝詞と応援、ありがとうございます。
 題を褒めていただいてうれしいです。
 題の「いこいの水際」は讃美歌213番の歌詞からもらいました。
私の好きな讃美歌の1つで、この題を気に入っています。
いつかは入賞となるように頑張ります。

まあちゃん、こんばんは。
 お祝詞ありがとうございます。
 初挑戦で、去年は落選でしたので、今年もダメだろうと
思っていたら、入選の通知が来て、嬉しかったです。
励みになりました。まあちゃんや、ブログ友の皆さんに
教えてもらいながら、頑張りたいと思っています。

熊のKさん おはようございますcat
熊のKさん、やりましたね~おめでとうございます。
素敵な作品に、それにぴったりの題がついていますね。
諫早で見せていただきたいと思っています。

ミミさん、おはようございます。
 お祝詞、ありがとうございます。
 やっと、入選にぶら下がることができました。
暑いなかをじっとトンボが止まるのを待った甲斐がありました。
何時の日か、入賞が取れるように頑張りたいと思っています。
諫早会場に見に来てくださいますか? うれしいなぁ。
その日は是非連絡してくださいね。

入選、おめでとうございます。

トンボを待った甲斐がありましたね。

これは、Kさんの読みが当たったのと、努力の賜物です。

ここにトンボが止まったら絵(写真)になるとみたKさんのセンスは大したものです。

これからも素敵な写真、撮ってくださいね。

わあ、すごい! おめでとうございます!!
ぜひ見に行かせていただきます。
ほんとうにおめでとうヽ(´▽`)/

kyonさん、こんばんは。
 お祝詞有り難うございました。
 お察しくださったように、トンボをあの蕾に止まらせたくて
根気良く待った甲斐がありました。
 何時の日か入賞―それも、毎日新聞社賞 を目指して
がんばります!

ねこおばさん、こんばんは。
 お祝詞ありがとうございます。
是非、見に来てくださいね~。
うれしいです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソバの花(153) | トップページ | 敬老の日と秋祭り(155) »