2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 研修会 と ソバのその後(159) | トップページ | ナンバンギセル(161) »

2012年10月 8日 (月)

乗っ取り犯?(160)

 買い物に行こうとして玄関を出たとき、トケイソウの蔓の間から1匹のハチが飛び去ったのを見ました。さては、巣を作るつもりでは? と気になって、飛び立った後を覗くと、案の定もう既にセメントで作ったような巣が出来ていました。毎日傍を通っていて今まで気が付かなかったのです。大きな巣にならないうちに壊しておかないと、大変なことになるかも? と思いましたが、帰宅してからにしようと、そのまま出掛けました。

Dscn6385
 1時間後、帰って何気なく巣を見ますと、出るときまであった穴が完全に塞がれており、この巣の主・ハチ(ドロバチ)が1匹、脇目も触らずに、巣の上を動き廻っていて、口で突いている所は濡れたようになっています。

Dscn6398_2 Dscn6404 Dscn6405_3

 えっ !? 穴はどうなったの? 持ち前の好奇心が湧き、しばらく付き合うことにしました。他所さまの家だったら怪しまれるけれど、我が家なのでその心配はありません。主どのは飛び立っては巣材(セメント?)をくわえて帰って来て、せっせと巣の拡張工事に余念がありません。
 巣の中はどうなっているのでしょう? もしも、卵か幼虫でも入っているなら、呼吸はできるのだろうか、餌は? 次々と疑問が湧きますが、壊すわけにはゆきません。

 そして、夕方、こんなに美しいハチ(セイボウ 青蜂)がやって来ました。どうやら、穴を穿って乗っ取るつもりのようです。同じ所を集中して、口と尻を交互に使って作業をしていました。明日の朝はどうなっているか楽しみです。

 明日は、主のドロバチとセイボウのバトルが見られるかもしれませんね~(笑)。
 それにしても、こんなに美しい瑠璃色のハチが居るなんて想像もしませんでした。

Dscn6414 Dscn6423 Dscn6425

« 研修会 と ソバのその後(159) | トップページ | ナンバンギセル(161) »

自然 植物・昆虫」カテゴリの記事

コメント

オオセイボウ、ドロバチの巣に寄生するって昆虫のページに書かれてました。
攻防戦の結果が気になります。

http://blogs.yahoo.co.jp/nekoobasantotarou/archive/2011/12/16
で、オオセイボウを紹介してました。よかったら、寄ってくださいませ。
場所は大村の護国神社です。

ねこおばさん、こんにちは。
 コメント、遅くなって失礼しました。
 教えてくださったリンク先、早速見せていただきました。
すでに、3年も前に、ねこおばさんは護国神社で出合っておられたのですね。
私も葉の陰で青くキラリと光る物体を認めたときは、びっくりしましたよ。
そっと蔓を避けてその物体がムシだと分かって、2度びっくり。
ウェブで検索して北村西望さんのような名前の「セイボウ」という蜂で、3度びっくり。
最後に、愛するドロバチの巣に寄生する厚かましい蜂だと分かり、4度びっくり。
 では、この1つの巣に2種類の蜂が共生するのでしょうか?
 いまのところ、ヒトに危害を加える心配もなさそうなので、しばらく様子を見ときます。
 それにしても、護国神社って楽しい所ですね~。でも、天敵(蚊)が多そうなので…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 研修会 と ソバのその後(159) | トップページ | ナンバンギセル(161) »