2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

いきいきパソコン健康フェア(175)

 いつもパソコン講座でお世話になっている先生のお店(有)ふなき電器さんの展示会がありました。私も講座で作ったアイロンプリントのTシャツや今年のカレンダー、キーホルダーなどを出品していましたので、夫を誘って見学に行きました。

Dscn6738 Dscn6723 Dscn6720 Dscn6722 Dscn6721 Dscn6728

 会場に着くと、ちょうどベーカリーレンジでパンが焼けたところでした。焼き上がりほやほやの良い香りのするパンに舌つづみを打ち、スロージューサーで作った野菜と果物のジュースを試飲させていただきました。レンジは従来の電子レンジとパン焼き器が一体になっていて便利そうです。スロージューサーは滓の処理がとても簡単です。

 作品を見て回っているうちに良い匂いがしてきました。今度はレンジで「豚三枚肉の焼肉」が焼けていました。余分の脂がトレイに落ちて、ヘルシーです。もちろん、お味もグー!

Dscn6730 Dscn6732 Dscn6735 Dscn6733  

 足にコトンと当たるものがあるので、下を見ると、お掃除ロボット(ココロボ)くんが床を黙ってお掃除中でした。

 パソコンで健康管理をしたり、マッサージ器でリラックスしたり、とほんとうに便利な世の中になったものです。

 ふなき電器の皆様、先生ご夫妻、楽しいひとときを有り難うございました。
 お疲れ様でした。

 

写真教室(174)

 24日は写真教室の日でした。先日の出初め式の一斉放水と「散歩 その2」のサザンカの写真をプリントして持参しました。どちらも、光と陰がはっきりと分かるように、少し暗めにプリントしてみたら、とアドバイスを受けました。

 皆さん、良い作品ばかりで、先生が、これは県展に、これは市展に、と選んでくださっていました。残念ながら、私のは候補に挙がるのはありませんでした。

 作品披露中のひとこまです。

 Dscn6717_2  Dscn6718  Dscn6719_2

 会場前の用水路に鴨?が5羽いました。そのうち4羽は水に頭を突っ込んでしきりに餌を捜していましたが、模様の違う1羽だけが岩の上で一心に羽繕い(お化粧?)をしていました。4羽は雄でこの1羽は雌なのでしょうか? それとも4羽と1羽は別の種類でしょうか? (どなたか教えてください。)

 Dscn6715  Dscn6711  Dscn6712

 来月2月は長崎の亜熱帯植物園にランの花を写しに行こう、ということになりました。
  

2013年1月22日 (火)

散歩 その2(173)

 別のルートを散歩して帰って来た夫が、「ちょっと遠くまで行ったら、キツカッタ~。 でも、良か所が見付かった。寒椿の咲いとったぞ、明日連れて行くけん」 と言います。
「えぇ! もう?」 半信半疑で、カメラを肩に付いて行きました。

 片道30分。「ほら、ここさ。綺麗かろう?」。指差す先に見えて来たのは、満開の山茶花の並木でした。寒椿を期待したけど、寒椿はどれも未だ硬い蕾でした。
 ここで、私のひと講釈です。「花びらが、こんな風にばらばらに離れて散るのはサザンカで、ツバキはポトッと全体がくっ付いたまま落ちるとよ」。
 「そうか、よく似とるので区別が付かんやった。そういえば、葉っぱも違う」 と納得のご様子。普段、花に興味のない夫なので、無理もありませんが。
 メジロが蜜を吸いにやって来ますが、ちっともじっとしてないので、撮ることができませんでした。

   Dsc_0374_2 Dsc_0364_2   Dsc_0368_2

 夫に騙されて(?)、日頃の2倍の距離を歩く羽目になり、膝が悲鳴を上げましたが、良い命の洗濯になりました。

     
  

2013年1月21日 (月)

散歩 その1(172)

 日頃、テレビ観賞を日課としている夫が「これじゃいかん! 身体がナマる」と一念発起して中断していた散歩を始めました。
 1日目、帰ってくるなり「アタマの寒うしてたまらん。なんせ、防寒用の毛(髪の)が無かもんな~」とぶつぶつ言っています。
 「ほんとにそうでしょうね~」 と同情した私、早速、毛糸(中細程度)で編むことにしました。
 その夜から6号棒針に112目作って輪にし、2目ゴム編みで編み始めました。
なかなか編み進まないのを見た夫は、「出来上がったときは、もう春になっとりゃぁせんか?」と心配げ。正直のところ、私も焦りました。
 暇さえあれば、針を握って、ついに5日目、めでたく完成!。間に合って、ほっ。

Dscn6710  Dscn6699

 今、毎日これを被って散歩に出掛ける夫です。

 で、私は、というと、夫と別のコースを、重たいカメラを肩に掛け、マクロレンズの練習を兼ねて川端を歩きました。私のお目当ては、小さな野の花です。でも、未だ時季が早いようで、下を見ながら歩きますが、なかなか見付かりません。諦めて前方へ目をやったとき、なにやらごそっと動く物が……。あっ!アオサギだ! こちらが動くと逃げられそうで、じっと眺めていると、のこのこと歩き出しました。慌てて、カメラを構えます。レンズの取替えも忘れて急いでシャッターを切りました。案の定、大した写真は撮れていませんでした。望遠レンズだったら撮れたかな? と思いますが、どんなに優れた道具を持っても、腕が悪けりゃ同じですよね。まあ、こんなところです。

Dsc_0337

 この後、欲張って近付き過ぎ、ばたばたと飛び去られました。
 しばらく歩いてふと足元を見ると、ホトケノザが咲いています。ああ、やっと出逢えた、とカメラに収めました。でもピンボケで、お恥ずかしい。

Dsc_0344

 

2013年1月20日 (日)

キーホルダー作り(171)

  1/18 のパソコン講座は、「お気に入りの写真でキーホルダー作り」でした。

 材 料:サンワサプライ「手作りキーホルダーキット」長方形の(大)
 サイト:サンワサプライ「ペーパーミュージアム」から無料ダウンロードして実施。

 皆さん、お気に入りの写真を選ぶのが大変でした。これもいい、あれもいい、と気移りがして、私も決めるのに一苦労しました。でも、その過程が結構楽しくて、あっという間に時間が来ました。

 出来上がりの作品をご覧ください。風景、お子さん、お孫さん、旅行の思い出、ペット、人気のキャラクター、花 等など思い思いの、世界に一つのキーホルダーが出来ました。
これらは、一週間後の展示会の作品コーナーを飾る筈です。

Dscn6704 Dscn6707

 なお、右と左の写真は、表側と裏側です。
 さて、私のはどれでしょう? 気の早い私は、早々とキーを取り付けてご満悦。

 パソコンは偉いですね~。こんな物まで出来ちゃうなんて。感心しました。

 「先生、楽しい講座 有り難うございました」。

2013年1月12日 (土)

消防出初め式(170)

 1月10日、諫早市では消防出初め式がありました。正午から放水が見られるというので、写真教室ではその様子を撮影しようと、一同張り切って現場に向かいました。

 場所は本明川河川敷、眼鏡橋のある諫早公園(上山公園)の直ぐ傍です。私たちが着いたときには、既に大勢の見物客や三脚を据えて、今や遅しと待っているカメラマンたちが川の両岸や橋の上に陣取っていました。私たちは、あまり人のいない橋の下に下りて、思い思いの場所で待ちました。

 正午になり、先ずは幼稚園児によるポンプ式放水車からの、可愛い放水(これはあっという間に終わって写真は撮れませんでした。それに私たちの居た場所から遠く離れた岸辺だったので可愛い様子を見ることができずに残念でした)があり、次いで花火を合図に、30mの梯子車からの放水と下からの一斉放水が相俟って青空を背景に美しく映えました。虹を期待したのですが、私たちの居た場所では逆方向で、無理でした。反対側だと風下なので濡れることになるし、思い通りにはいかないものです。

 お天気は好かったのですが、川風が冷たくて、カメラを持つ手がかじかみました。
これという、良い写真は撮れませんでしたが、ご笑覧ください。

 従来の眼鏡橋 と 昨年里帰りして建立された「ミニ眼鏡橋」  同じ園内に眼鏡橋が2つあります。 

 Dsc_0263  Dsc_0271

 ミニ眼鏡橋の方から眼鏡橋を見たところ(向こう中央に見えるのが従来の眼鏡橋) 
 Dsc_0270_2

 ビル火災で活躍する梯子車は初めて見ました。諫早市でも最近高層ビルが増えています。30mも上の方から放水する団員の人は命懸けで任に当たられるのです。今更のように有難く、心強く感じました。望遠レンズがあると、梯子の先端のボックスに居る団員の人影が分かるのですが…。

 Dsc_0309 Dsc_0276 Dsc_0307

 下から真上に一斉放水をしている団員は、銀色の防炎服を着ていますが、中に白ふんどし裸の元気な若人が居て、ひと際目を惹きました(黄色で矢印)。聞くところに依ると、消防署分団の建物の改築や節目のお祝い事のあった分団員は「赤ふんどし」の出で立ちだそうです。来年は1箇所改築されるそうですので、皆で楽しみにしています。

Dsc_0285001

2013年1月 8日 (火)

初詣と初撮り(169)

 昨日7日は写真教室で予ねて計画されていた撮影会で、隣県佐賀の祐徳稲荷神社に9名で出掛けました。幸い、道も込み合ってなく、車もスムーズに進みました。

 祐徳稲荷神社は日本三大稲荷の一つに数えられ、商売繁盛、家運繁栄、大漁満足、交通安全など種々の祈願で参拝者が年間300万人にも達するそうです。私は50年ほど前に行ったことがありました。駐車場から見上げる位置に日光東照宮を彷彿する美しい社殿があり、痛い足を労わりながら石段を登りました。

 何人かの人がおみくじを引きました。一番若いTさんは、大吉を引き当て、満面の笑み。皆が「どれ、どれ」と覗き、「わ~、素晴らしい~」と喜び合いました。

 境内には、あちこちに蝋梅が満開で、馥郁とした香りを放っていました。

 境内の日本庭園に寒牡丹が咲いているというので、中に入ると、寒を避ける菰を被った寒牡丹を観ることができました。園内の池の水面に、既に葉を落として裸になった楓の細い枝が映っていました。

 Dsc_0219 Dsc_0222 Dsc_0234

 

 

 

2013年1月 6日 (日)

今年もよろしく(168)

 遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年は11月からまさかの肺炎を患い、安静を余儀なくされ、PCもできなかったので、2か月振りの更新となりました。ブログ友の皆様にはご心配をお掛けしましたが、ようやく元気になりましたので、またブログも始めたいと思います。よろしくお願いいたします。

 ソバの収穫
 
先生に安静を命ぜられていた最中でしたが、庭先のソバが気になって仕方がありませんでした。気分も天気も好かったので、刈り取りました。植木鉢育ちなのでこんなものです。お恥ずかしいですが、アップします。

Dscn6570_2  1/4 実だけを外しました。

Dscn6681_2

 収量は、やはり肥料を与えた方が良いことが解りました。さて、この実をどうしましょう? もう大晦日の年越しソバは済んだし…、そうだ、ミミさんがいつかソバ茶にしてみては?
と仰っていたっけ。というわけで台所の「ゴマ炒り」で炒り、お茶にしてみました。さて、そのお味は? 「ふんわかとした優しいお茶」 そう、重湯のような風味かな? というのが、私の感想です。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »