2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 散歩 その1(172) | トップページ | 写真教室(174) »

2013年1月22日 (火)

散歩 その2(173)

 別のルートを散歩して帰って来た夫が、「ちょっと遠くまで行ったら、キツカッタ~。 でも、良か所が見付かった。寒椿の咲いとったぞ、明日連れて行くけん」 と言います。
「えぇ! もう?」 半信半疑で、カメラを肩に付いて行きました。

 片道30分。「ほら、ここさ。綺麗かろう?」。指差す先に見えて来たのは、満開の山茶花の並木でした。寒椿を期待したけど、寒椿はどれも未だ硬い蕾でした。
 ここで、私のひと講釈です。「花びらが、こんな風にばらばらに離れて散るのはサザンカで、ツバキはポトッと全体がくっ付いたまま落ちるとよ」。
 「そうか、よく似とるので区別が付かんやった。そういえば、葉っぱも違う」 と納得のご様子。普段、花に興味のない夫なので、無理もありませんが。
 メジロが蜜を吸いにやって来ますが、ちっともじっとしてないので、撮ることができませんでした。

   Dsc_0374_2 Dsc_0364_2   Dsc_0368_2

 夫に騙されて(?)、日頃の2倍の距離を歩く羽目になり、膝が悲鳴を上げましたが、良い命の洗濯になりました。

     
  

« 散歩 その1(172) | トップページ | 写真教室(174) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好いご夫婦ですね~happy01
楽しく散歩を拝見させていただきました。

カメラのレンズ換えたい・・思っても間に合わないことがありますよね~
気持ちがわかります。

家の主人も花や山野草の名前を知らないので こんなことがよくあります。
でも 鳥は主人の方がよく知ってるので 鳥の時は私が 熊のKさんのご主人のような・・・

まあちゃん、おはようございます。
 私は、最近、膝が痛くて歩きが遅く、そのうえ、みちくさをしたいので、
主人のスピードについて行けません。
 ですので、いつも散歩は別ルートです。
 でも、ときには主人について行くのも、新しい発見があっていいですね。

熊のKさん おはようございますcat
ご主人も帽子を被って散歩も楽しく続けられそうですね。
私も今では椿と山茶花の区別はつきますが
若い頃はどう違うのか分かりませんでした。
私の散歩は家の周り(3キロくらいでしょうか)毎朝歩いていますが
夫が休みの時は野岳や黒木の山道を一緒に歩きます。
でも夫は運動が目的でさっさと歩くので私は早くてついていけません。
私は景色や植物にも目をやって立ち止まって写真を撮ったりするので
集合時間と場所を決めていて別々に歩くことも多いです。
でも、初めての場所や人気のない山の中は怖いので
一生懸命ついていきます。

熊のkさん こんにちは

愉快なご夫婦のお散歩となりましたね
「講釈」・・(笑)・・仲のいい証拠ですよ

コースを変えればいい出会いもありますね
膝を労わり散歩を楽しんで下さい
散歩で出合った~
写真楽しみにしています

こんにちは~

ご夫婦でお散歩ですか・いいですね~(^^♪
サザンカでしたか?
お花だけでは見わけがつきませんね・
綺麗な色のサザンカですね・
メジロの姿も見られましたか?写真残念でしたね。

↓の手編みのお帽子素敵です~旦那様」暖かいでしょうね~♪

ミミさん、こんばんは。
 ミミさんのコメントを読んで苦笑しました。
私も主人と一緒のときは、遅れないように付いていくだけで精一杯です。
でも、この日は、推奨の場所だったので、「あれを撮れ、これを撮れ」と監督?のつもりで指図して付き合ってくれました。

mahoさん、こんばんは。
 たまにはコースを変えるのもいいですね。
思いがけない発見や出合いがありますね。

花菜さん、こんばんは。
 寒椿につられて、一生懸命付いて行ったのですよ。
いつも、私はこんなに遠くまで歩かないので、みごとな
サザンカ並木には圧倒されました。
 帽子は温(ぬく)いそうです。後ろから見ていたら、
被ったり脱いだりしていました。

おはようございます。
我が家は散歩はしていません。
仲良く散歩しているのがうらやましいです。
山はいつも一緒に登るようにしています。
私も時々花を混同してしまうことが多いです。
鳥や花はなかなか種類と名前を覚えるのが難しいですね。

ツーカーさん、おはようございます。
 私の方こそ、ツーカーさんと恵さんが羨ましいです。
山登りという共通の趣味を持って楽しんでいらっしゃいますもの。
齢を取って足腰が弱ると、坂道が辛いので山登りはできません。
でも、自分の足で歩けるだけも有難いと思います。
 ほんと、鳥も花も、名前を覚えるのは難しいですね。
特に鳥は、雌雄で模様が異なっていたりするので、尚更です。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩 その1(172) | トップページ | 写真教室(174) »