2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ツタンカーメンのエンドウ豆の花(183) | トップページ | 大村公園の夜桜(185) »

2013年3月27日 (水)

卒業記念樹のナギ(梛)(184)

 (画像の上でクリックすると大きく見えます)
 桜も満開となり、世は卒業式から入学式の時期に移っています。
母校の校友会(同窓会)の役員を仰せつかっている関係で、卒業式、入学式とお招きを受けて、この時期は母校に足を運ぶ機会が多くなります。

 卒業式に出席した折、私が最後に受け持った3年B組の卒業記念樹がどうなっているのか気になって、校庭を見回ったとき、見覚えのある特徴の葉を付けた木を見付けました。
 46年間の間には校舎も改築されていて、植えた場所も記憶が薄れており、「あっ! この木だ!」と早合点してしまいました。本当は、同じ木がもう1本あり、こちらが本当の記念樹だったのです。

 恩師の方にはもうお会いできなくなり、在職当時の同僚だった先生方も既に定年となられ、お会いできる先生は今では、渡邊先生(新高12回卒で、定年後、学院史料編纂室室長として勤務中)だけになりました。

 その渡邊先生に、この記念樹(ナギ)のことを話していたら、私が思っている木ではなくて、ちゃんと最初に植えた場所で大きくなっていますよと電話で指摘してくださいましたので、早速訪ねることにしました。

 渡邊先生に案内していただき、記念樹に逢って来ました。いつも、それと認識しないで、その傍を歩いていたのでした。46年間、ここで母校と後輩たちを見守り続けてきたのですね。感動で胸が一杯になりました。

Dscn7198 Dscn7200 Dscn7202 Dscn7169

 「19回卒B組のみなさん、お元気ですか? 私はこの通り元気ですよ~。 またこの記念樹の下で会いたいですね!」 

 

« ツタンカーメンのエンドウ豆の花(183) | トップページ | 大村公園の夜桜(185) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!
学友とはいいですよね。
当時に戻れますよね。

恵さん、こんばんは。
 このナギの木の下で、みんなと再会し、
思い出話に花を咲かせたいとねがっています。

熊のKさん、こんばんは~♪
今日はコメントを頂きましてありがとうございました。
この記念樹は46年前に植えられたのですね。
白黒の写真を拡大して拝見しましたが、私の青春時代
と重なり、懐かしさを感じました。ナギという木はこちらでは
見かけませんが、立派な木ですね。
記念樹にハグされていらっしゃいましたが、
46年間母校を見つめきたナギを愛おしむお気持ちが
よく伝わってきます。桜の花もたくさん植えられ、
とても環境の良い学校ですね。私も母校を訪ねてみたくなりました。

hiroさん、おはようございます。
 温かいコメントに胸がじーんとしました。
この教え子たち59名は既に定年後の人生を歩んでおり、
64歳を数えますが、未だ1人も欠けていません。
「わたしより先に死んだらいやよ」と言っています。

熊のKさん おはようございますcat
写真を大きくして拝見したら、若い頃の熊のKさんを見つけました。
卒業後も先生としてまた役員さんとしてずっと母校と関わり続けて
いらっしゃるので母校への思いもひとしおでしょうね。
ナギの木、私も知りませんが珍しい木なのですか?
ナギの木は熊のKさんと卒業生を見守ってきているのですね。
ツタンカーメンのえんどう豆、里帰りして立派な花を咲かせましたね。
庭も花ざかりですね。私も毎日何回も狭い庭めぐりしています。

ミミさん、おはようございます。
 昨日はハウステンボスには行って来られましたか?
お天気がちょっと残念でしたね。
 古い写真は私32歳と50歳の時のです。
しみじみと眺めながら、あの頃は若かったなぁ、と当時を
懐かしく振り返っています。
 急に春めいて、庭も外も花が溢れるようになりました。
私も、ミミさんと同じ、1日に何回も庭の鉢を眺めています。
増え過ぎて、置き場所に苦労しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツタンカーメンのエンドウ豆の花(183) | トップページ | 大村公園の夜桜(185) »