2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

薬草園見学(194)

 4月29日、辛夷の会(諫早女性薬剤師の集い)では研修と親睦の目的で、島原市の島原薬草園へ出掛けました。参加者9名は2台のマイカーに分乗して、8時に出発しました。
出発のときには危ぶまれたお天気も、薄曇りながらどうにか保ってくれました。遠くは霞んでいましたが、木々の緑が美しく、道もさほど込み合うことなく、快適なドライブでした。1時間ちょっとで薬草園に到着しました。未だ開いていませんでした。

Dscn7614_2 
 薬草園の正式名はこの写真で分かるように「史跡 旧島原藩薬園跡」 です。

 この日はただ観て回るだけでなく、講師の先生が来てくださることになっていた日で、幸いでした。

 先生は熊本市の崇城大学薬学部教授 薬学博士 村上光太郎 先生です。

 三々五々、各地から来た人々約40名が、熱心に講義に耳を傾けました。

 先生のお話:
 病気を治すのではなく、病気にならない身体をつくるにはどうするか。
それには、食事にミネラルを充分に摂ること。
ミネラルは自然の野菜に含まれている。自然の野菜は山野草である。
採取する時は毒草もあるので注意が必要。ポキンと折って、折口から白い汁が出るのは良いが、黄色い汁が出るのは毒草。タケノコにはミネラルがいっぱい含まれている。タケノコは湯がけば湯がき汁の中にミネラルが溶け出してしまうので、茹でたタケノコは「滓」である。「焼きタケノコ」 にするのが一番良いし、また美味しい。

 私はタケノコは大好きでよく食べますが、いつも茹でたものを買っています。

 「餌」と「食事」の違いについても話されました。餌はただ、「空腹」を満たすもの。食事は病気にならない「からだを作る」もの。

 ハテ、私は?… と考えました。私が作っているのは「食事」だろうか? 単なる「餌」作りに終わっているのではないか? 大いに反省させられました。

 先生の漫談調の講義を聴いているうちに12時になり、聴講者全員に軽食が振る舞われました。山菜の豚饅、茴香(ウイキョウ)のコンソメスープ、特製のカレーパンでした。お代わりまでさせて頂きました。とっても美味しかったです。

 Dscn7625_2  Dscn7624001  

 その後、薬草園に出て、先生に実地にご指導を頂きました。
「島原苺」がありました。この島原苺は島原の山中で発見され、長崎県の天然記念物になっているので、一度実物を見てみたいと思っていたのです。残念ながら花は秋で、実が生るのは冬なので、花も実も見ることができませんでしたが、育成中の苗が見られてうれしく思いました。

 Dscn7629_2 Dscn7621_2

 先生は汗を拭き拭き説明してくださいました。そして教室に戻ると、ヨモギのアイスが用意されていました。歩き回って汗ばんだ体には何よりのご馳走でした。

 薬草園から遥か彼方に島原城が見えました。

Dscn7644
 
 ボランティアで誠心誠意おもてなしくださった薬草園のスタッフの皆様、大変お世話になりました。有り難うございました。

 車の安全運転をしてくださったMさん、Hさん、お疲れ様でした。お世話になりました。

      
        

2013年4月28日 (日)

ハンカチの木に花が!(193)

 夕食の準備をしていたら、妹から電話がありました。
何だろう? と思ったら、これまで1回も咲いたことのない「ハンカチの木」にたった1個だけ花が咲いているのを発見した、という感動の電話でした。もう明日は散るかもしれないと言うので、「それでは」と、炊事を中断して見に行きました。「ハンカチの木」というネーミングにぴったりの白い花(包葉)が咲いていました。聞いたことはありましたが、実物を見たのは初めてです。

 珍しいので、アップで写真を撮って来ました。夕日の逆光になりましたが仕方ありません。ほんとうの花はこの花芯の部分だそうです。サクランボが生っていました。

 Dscn7587  Dscn7592

 クレマチスや芍薬も咲いていました。

 Dscn7591  Dscn7589

 

  

いきいきパソコン講座4周年(192)

 私がお世話になっている ふなでん★いきいきパソコン講座 がこの4月で4周年を迎えたとのこと。そこで、おでかけミニ講座が開かれました。

 市立諫早図書館で思い思いの音楽CDを借りて、近くの 豆腐料理「秋津島」さん へ移動し、ここで銘々のPCに音楽CDを取り込み、取り込んだ曲をCDにしました。

 PCにある「Winndows Media Player」 というソフトを使います。

 私は、若い頃、観た映画『ベニー グッドマン物語』が懐かしくて、ベニー グッドマンのクラリネット演奏のCDを借りました。

 ちゃんと入ったかどうか、どきどきしながら再生しました。曲が始まり、感激! の一瞬でした。

 その後、ランチは豆腐尽くしの献立で、次々に運ばれて来るお料理に舌鼓を打ちました。

 頂いたお料理をご紹介します。

Dscn7562 Dscn7566 Dscn7569 Dscn7572

 因みに、場所とお料理を提供してくださった「秋津島」さんのご紹介をしておきます。
食材のお野菜はすべて、自家農園で採れたもので、無農薬の安心・安全を誇っておられます。

Dscn7579_2

 いつもながら、分かりやすく、丁寧に教えてくださった、たろう先生、ゆか先生、お世話になりました。
 有り難うございました。

 5年目に入りましたが、これからもどうぞ宜しく、物覚えの悪い私のこと変わらずご指導くださいませ。

2013年4月26日 (金)

頂き物(191)

 ミミさんから、こんな素敵な物を頂きましたhappy01
何時ぞや、ミミさんにおねだりしていた刺繍の手まり、それに可愛いミニティシュカバーです。

Dscn7553

 手まりにしても、ティシュカバーにしても、どうしたら出来るんだろうと、ためつすがめつ眺めてみますが、一向に分かりません。こんなに手のこんだ、難しい刺繍をされるミミさんに感心しています。早速PCの前に飾らせて頂きました。

 有り難うございました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

2013年4月18日 (木)

お出掛け撮影会(190)

 アップするのが遅くなりましたが、私たち写真クラブは去る4月5日、佐賀県嬉野市~同県西松浦郡有田町へ行って来ました。
 嬉野では通称「百年桜」を、有田では柿右衛門窯の樹齢約50年という「枝垂桜」を観賞し、撮影するのが目的でした。

 参加者は先生も入れて5名、2台の車に分乗して、朝9時出発。先ず嬉野市吉田の「百年桜」へ。
 ここ嬉野は、温泉とともに「嬉野茶」の産地としても有名な所です。

 「百年桜」は茶畑の丘の上に堂々と咲き誇っていました。10本以上の支柱が施されていましたが、私には「杖」に見えました。人も桜も、歳を取ると「杖」が要るようになります。鶯が気持ち良さそうに啼いていました。

   Dsc_0001001_2   Dsc_0016002

 庭木ダムの桜もきれいだというので行って見ましたが、もう殆ど散っていました。満開だったら、さぞかし見事な風景だったろうにと、皆で口惜しがりました。

 庭木ダムの縁の崖(コンクリートで保護)が前日の雨で濡れているところに、散った桜の花びらが貼り付いて、あたかも滝のようになっていました。

   Dsc_0075   Dsc_0109

 お昼は、有田町広瀬山というところにある「木もれ陽」のテラスで鶯の声や谷川のせせらぎを聞きながらこんなお食事を頂きました。至福の時間でした。

  Dsc_0127   Dsc_0135

 食事を楽しんだ後、柿右衛門窯へ。八重咲きの紅枝垂桜が目に飛び込んで来ました。池には錦鯉がゆったりと泳いでいます。中に、頭にハートの模様のある鯉が居るというので、一生懸命探しました。居ました、いました。ちょっとピンボケですが…。

 Dsc_0153 Dsc_0220 Dsc_0195

 先生や仲間のみなさんにお世話になって、楽しい一日でした。
 
 
  

 

2013年4月17日 (水)

真崎川の鯉のぼり(189)

 友人のエイコさんから聞いて、真崎川へ行って来ました。
100匹を越える、色とりどりの鯉のぼりが風にはためいて素晴らしい眺めです。

 川沿いの道をさかのぼって、真崎橋の上から写真を撮って来ました。

 空に泳ぐ鯉のぼり、水面に映る鯉のぼり、どちらも素敵です。

 もうすぐ、端午の節句。子供たちの健やかな成長を祈ります。

Dscn7411

       Dscn7412  Dscn7413

指の怪我(188)

 久し振りに出した「はがき随筆」が掲載されました。

Dscn7422

 このハプニングが6日、その日から今日まで、病院通いの毎日でした。昨日抜糸も済み、ようやく今日から水に濡らしても良い、お風呂に入っても良いとのお許しが出て、ほっとしているところです。
 指サックやゴム手袋を着けての水仕事のもどかしさをいやというほど味わいました。
 いま、ナイフは見えない所に仕舞っています。

2013年4月 2日 (火)

レイコさん と 『赤とんぼ』(187)

 昨日4/1は、パリから一時帰国している中・高同期で、特殊メーキャップアーティストのレイコ・クルックさん(『ば化粧師】《リトルモア社》の著者)を囲んで、電話連絡で集まった友人7名が女子会をしました。

Dscn7295

 彼女の生まれ育った諫早市小野島町には第2次世界大戦末期、練習機「赤とんぼ」に爆弾を積んで特攻機として出撃して行く兵士を養成する、「小野飛行場」がありました。
 出撃を前に、隠れて嗚咽する青年の声が、今もトラウマのように残っている。その現場を偶然見てしまった自分としては、どうしても、戦争を知らない今の子供たちに、戦争の愚かさを伝える義務がある、と駆り立てられる思いで、小説『赤とんぼ』を執筆されました。
 おばあちゃんが孫に語り掛ける設定にしたそうです。

Dscn7304
 今回の帰国は、その本の校正の為でした。長崎文献社より7月に発売されることになっています。
 彼女の夢はまだまだ続きます。出来れば、この『赤とんぼ』を、自分が監督になって映像にしたいのだそうです。私たちもこの夢が実現され、映画を観ることができる日を楽しみにしています。

 (レイコ・クルックさん関連の記事は 2010/10/27 と 2011/11/23 にアップしています)

 女子会は方言丸出しのおしゃべりが弾み、40年以上も日本を離れている彼女も勿論方言で、美味しいおご馳走はそっちのけで、3時間があっという間に過ぎました。
 3か月後には、出版記念の祝賀会をしましょうと約束して解散しました。
 レイコさんは、私たちの誇り、いつまでもお元気で頑張ってほしいと思います。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »