2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

文化・芸術

2012年9月15日 (土)

県展の審査結果(154)

 どきどきしながら迎えた9月14日。ダメモトで出品したとは言っても、なんとか良い評価を受けたいというのが本音です。
 朝、写真の先生から「おめでとう。入選でしたね。ホームページで見ました」と、うれしい電話をいただきました。私のPCでは添付ファイルのPDFが入らずに見ることができなかったので、俄かには信じられませんでした。そのうち、教室の仲間のかたからも電話やメールが入り、午後遅くに郵便で通知があって、やっと実感が湧いてきました。

 同じ教室の仲間から入賞が1人、入選が3人入りました。

 早速、今日は展覧会場のテープカットの日で、選者から直接、作品の講評が聞けるということなので、長崎市の県立美術館へ行って来ました。会場は、大勢の出席者で座る席も足りずに、熱気で、むんむんしていました。私は階段からセレモニーを見ていました。

  Dscn6217_2    Dscn6220

 お恥ずかしいのですが、私の入選作品は 『いこいの水際』 と題したこの写真です。

Dsc_0570

 審査の先生のお話では、花の白色の印象が強くて、トンボの方へ、観る人の目が直ぐに行かないのが欠点だということでした。なるほど…と納得した次第です。

 どの作品も素晴らしいものばかりで、行ってよかったと思いました。

 長崎会場(9/15~9/25)の展示が終わったら、佐世保会場(10/4~10/14 島瀬美術センター)と諫早会場(10/18~10/28 諫早文化会館)でもあります。

 

2010年11月 8日 (月)

りんごケーキ と オペラ「夕鶴」

 ミミさん、恵さん ありがとう。

りんごケーキ出来ましたよ~。美味しかったですdelicious

失敗するといけないので、分量を2008.11.18の恵さんの記事の4分の1で、

焼き時間は200℃に温めたオーブンで、20分にしました。Dscn4564

このように、焼くばかりに準備をしてから、オーブンの余熱を始めました。

20分で焼き上がりです。

Dscn4566

  とってもいい匂いがしてきました。

  早速、紅茶を淹れて、「2人でお茶」を

  頂きました。

  甘党の夫にも好評でした。

Dscn4568

 昨日日曜日は暑くも寒くもなく、絶好のお出掛け日和でした。

 市展と諫早交響楽団の第29回定期演奏会が、同じ会場(諫早文化会館)であることになっていましたので、中・高校時代からの友達K子と出掛けました。

 彼女は市展に写真を出品していました。(私は何も出していません)

 彼女の作品はお部屋に入ってきた木漏れ日を撮ったものでした。そのタイトルも

 「木漏れ日」。モノトーンの暖かさを感じさせる、佳い作品でした。

  Dscn4555_2

 私も大いに刺激を受けました。これまでのように、撮りっぱなしでなく、このような素敵な作品に仕上げたいものだと思いました。来年は… 分りません(笑)。

 ゆっくりと、市展の鑑賞をしていると、オペラの開演時間2時になりました。

 久し振りに、2人並んで、当日指定券で良い席に当たり、心行くまで楽しみました。

 演目は、  團 伊久磨 作曲、木下 順二 原作の オペラ「夕鶴」 です。

 指揮: 河地 良智 (諫早交響楽団音楽監督 兼 常任指揮者) 現 東京芸大講師

つう: 大貫 裕子(ソプラノ)、 与ひょう:角田 和弘(テノール)、 運ず:秋本 健(バリトン)、惣ど:安東 玄人(バス)、

合唱:諫早ジュニア合唱団(27名)、コスモス児童合唱団(14名)

の豪華顔ぶれで上演されました。

Dscn4560_3     

2010年10月27日 (水)

レイコ・クルックさん講演会

   パリを拠点に「変身術」をあやつり、映画、舞台、オペラと、世界を駈けるレイコ・クルックさんの講演会が去る10月22日に催されました。

Dscn4401_3  レイコ・クルック さんは旧姓 西岡麗子さんといって、私と中学・高校の同級生です。

彼女を最初に認識したのは、昭和25年春に催された、市内小学校の弁論大会だったと思います。各小学校の代表生が壇上で意見を述べるのですが、この時の最優秀賞が彼女でした。

私は他の学校には、こんな素晴らしい人がいるのだ、と大いに刺激を受けたものです。

その翌春、私が中高一貫の私立のミッションスクールに入学すると、彼女も来ていたのです。憧れの彼女と一緒に学べる幸せを感じました。美人で頭が良く、演劇、コーラス、絵、と何でも出来る人でした。

クラスは1度も一緒になりませんでしたが、卒業後、随分経った頃、彼女が渡仏して、特殊メーキャップの分野で活躍をしていることを知りました。

そして、今回は3冊目となる『ば化粧師』(ばけしょうし)の出版記念のため来日されたのです。

講演会の知らせを受けて、会場に駆けつけると、スクリーンには、「徹子の部屋」のビデオが流れていました。

Dscn4380_2徹子の部屋」にも出演されたそうですが、私は観ていません。

 講演が始まりました。時には、方言を交えながら、やさしい言葉で楽しく話されました。

Dscn4392_2

レイコ・クルックさんのサイン会の模様です。レイコさん、大忙しでした。

Dscn4394_5

なお、本日10/27の夕方6:10の

NHK長崎のローカルニュース番組

長崎EYEで、「パリで活躍中の特殊な

メーク師は長崎出身!」として放映さ

れるようです。長崎県のかたは、ご覧

ください。

それから、インターネットで「レイコ クルック」と検索されると、詳しく紹介されて

いますので、興味のあられるかたは、どうぞ。