2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お出掛け

2013年4月30日 (火)

薬草園見学(194)

 4月29日、辛夷の会(諫早女性薬剤師の集い)では研修と親睦の目的で、島原市の島原薬草園へ出掛けました。参加者9名は2台のマイカーに分乗して、8時に出発しました。
出発のときには危ぶまれたお天気も、薄曇りながらどうにか保ってくれました。遠くは霞んでいましたが、木々の緑が美しく、道もさほど込み合うことなく、快適なドライブでした。1時間ちょっとで薬草園に到着しました。未だ開いていませんでした。

Dscn7614_2 
 薬草園の正式名はこの写真で分かるように「史跡 旧島原藩薬園跡」 です。

 この日はただ観て回るだけでなく、講師の先生が来てくださることになっていた日で、幸いでした。

 先生は熊本市の崇城大学薬学部教授 薬学博士 村上光太郎 先生です。

 三々五々、各地から来た人々約40名が、熱心に講義に耳を傾けました。

 先生のお話:
 病気を治すのではなく、病気にならない身体をつくるにはどうするか。
それには、食事にミネラルを充分に摂ること。
ミネラルは自然の野菜に含まれている。自然の野菜は山野草である。
採取する時は毒草もあるので注意が必要。ポキンと折って、折口から白い汁が出るのは良いが、黄色い汁が出るのは毒草。タケノコにはミネラルがいっぱい含まれている。タケノコは湯がけば湯がき汁の中にミネラルが溶け出してしまうので、茹でたタケノコは「滓」である。「焼きタケノコ」 にするのが一番良いし、また美味しい。

 私はタケノコは大好きでよく食べますが、いつも茹でたものを買っています。

 「餌」と「食事」の違いについても話されました。餌はただ、「空腹」を満たすもの。食事は病気にならない「からだを作る」もの。

 ハテ、私は?… と考えました。私が作っているのは「食事」だろうか? 単なる「餌」作りに終わっているのではないか? 大いに反省させられました。

 先生の漫談調の講義を聴いているうちに12時になり、聴講者全員に軽食が振る舞われました。山菜の豚饅、茴香(ウイキョウ)のコンソメスープ、特製のカレーパンでした。お代わりまでさせて頂きました。とっても美味しかったです。

 Dscn7625_2  Dscn7624001  

 その後、薬草園に出て、先生に実地にご指導を頂きました。
「島原苺」がありました。この島原苺は島原の山中で発見され、長崎県の天然記念物になっているので、一度実物を見てみたいと思っていたのです。残念ながら花は秋で、実が生るのは冬なので、花も実も見ることができませんでしたが、育成中の苗が見られてうれしく思いました。

 Dscn7629_2 Dscn7621_2

 先生は汗を拭き拭き説明してくださいました。そして教室に戻ると、ヨモギのアイスが用意されていました。歩き回って汗ばんだ体には何よりのご馳走でした。

 薬草園から遥か彼方に島原城が見えました。

Dscn7644
 
 ボランティアで誠心誠意おもてなしくださった薬草園のスタッフの皆様、大変お世話になりました。有り難うございました。

 車の安全運転をしてくださったMさん、Hさん、お疲れ様でした。お世話になりました。

      
        

2013年3月31日 (日)

薄暮の白木峰高原(186)

 大村公園に行った翌日3/28は十六夜。良いお天気でした。前日撮り損なった白木峰の夜景撮影に再チャレンジしようと、夕方5時頃から出掛けました。途中でスーパーに寄り、お弁当やLED懐中電灯を買って、準備を整え、現地に着くと、ちょうど夕陽が沈んで行くところでした。

Dsc_0071

Dsc_0067

 月の出までには未だ時間がありました。風があり、気温も下がって、寒がりの私にはちょっと辛かったです。先ずは腹ごしらえをと、高原のベンチで震えながらお弁当開きをして月の出を待ちました。

 だんだん、周囲が暗くなって来ます。お互いにLEDで桜や菜の花を照らし合ってシャッターを切りました。風で木々が揺れています。

Dsc_0088
 市街地の灯りが昨日よりはっきり見えました。灯りの列に挟まれている黒い部分は例の有名な、諫早市の有明干拓の淡水湖です。

 そうこうしているうちに、月の出の時刻が近まって来ました。月の出る瞬間が撮りたいものと、方角を推測し、三脚を据えてカメラを固定して待つこと何分だったでしょう。なんだか少し筋雲が赤~くなって来ました。

Dsc_0095

 そして、いよいよ待望のお月さま、十六夜のお出ましです!

Dsc_0101
 「出た~!」 皆で歓声を上げました。感動の瞬間でした。
 だんだん昇ってくると、暗い足元もぼんやりと明るくなりました。そして、淡水湖の所を通っている干拓道路が赤く照らされているのが分かりました。

Dsc_0130
 十分に楽しんだので、もう帰ろうということになったのに、未だ未練があって、もう1枚だけ、と言って最後の1枚を撮りました。

Dsc_0136
 そして、私にとっては、おまけの楽しみがありました。
 それは、星空です。住んでいる住宅地は明る過ぎて、星空を楽しむことができません。
 ここは、星を見るには最高の所でした。北斗七星もオリオン座もはっきりと見ることができました。月の夜でなければ、もっとたくさんの星が見られたでしょう。幼い日の夏の夜、バンコ(涼み台)に仰向けに寝て星空を楽しんだことを懐かしく思い出しました。
 この近くにはコスモス宇宙館があり、天体望遠鏡で観測もさせてもらえます。いつか行ってみたいと思っています。


 

2013年3月30日 (土)

大村公園の夜桜(185)

 写真教室のお出掛け撮影会は満月の薄暮に白木峰高原に行くことになっていました。
ところが、当日は生憎の雨となり、中止かな? と思っていたら、少しずつお天気が快方に向かったので、では、足元の危なくない大村公園の夜桜にしようと、行き先変更の連絡が入りました。

 雨上がりの大村公園は、ソメイヨシノがほぼ満開(大村桜は未だ)。ぼんぼりなどの照明でほの白く浮かんだ桜が幻想的な雰囲気を醸し出していました。

Dsc_0939  Dsc_0999  

 ふと気がつくと、足元の照明は6枚の花弁をデザインしたライトで、昼間だと見過ごしていたでしょう。先生がお手本を見せてくださったので、私も真似をして、条件をいろいろに変えて撮ってみました。

Dsc_0944 Dsc_0950 Dsc_0946 

Dsc_0993 Dsc_0994 

 「お月様が出てると良いのにね~」 と言いながら、ふと見上げると、桜の枝の間からちゃんと満月が見えるではありませんか! 「ああ、天が我々に味方をしてくれた。じゃあこれから白木峰に行こう」 と意見が一致して、白木峰高原へと車を走らせました。この時すでに8時を回っていたのですが、兎に角行ってみることに。

 白木峰高原からの眺めは視界が靄っていて、満月も上空にかかっていたので、ちょっと期待外れでした。がっかりしながらの帰り道に、明日再チャレンジしようということになりました。

 

2013年1月 8日 (火)

初詣と初撮り(169)

 昨日7日は写真教室で予ねて計画されていた撮影会で、隣県佐賀の祐徳稲荷神社に9名で出掛けました。幸い、道も込み合ってなく、車もスムーズに進みました。

 祐徳稲荷神社は日本三大稲荷の一つに数えられ、商売繁盛、家運繁栄、大漁満足、交通安全など種々の祈願で参拝者が年間300万人にも達するそうです。私は50年ほど前に行ったことがありました。駐車場から見上げる位置に日光東照宮を彷彿する美しい社殿があり、痛い足を労わりながら石段を登りました。

 何人かの人がおみくじを引きました。一番若いTさんは、大吉を引き当て、満面の笑み。皆が「どれ、どれ」と覗き、「わ~、素晴らしい~」と喜び合いました。

 境内には、あちこちに蝋梅が満開で、馥郁とした香りを放っていました。

 境内の日本庭園に寒牡丹が咲いているというので、中に入ると、寒を避ける菰を被った寒牡丹を観ることができました。園内の池の水面に、既に葉を落として裸になった楓の細い枝が映っていました。

 Dsc_0219 Dsc_0222 Dsc_0234

 

 

 

2012年10月22日 (月)

花火大会(166)

 このところお出掛けが続いています。
 昨日10/21(日)は諫早市高来町の自然干陸地フラワーゾーンで「第11回100万本のコスモスまつり」が開かれ、花火大会があるというので、私たち写真教室の一同は、張り切って出掛けました。

 100万本のコスモスが咲き揃い、私たちの来るのを待っていました。花火が上がるにはまだ早い時刻なので、コスモス園を巡って写真を撮ったり、ライブを観たり、三脚をセットしたりして打ち上げを待ちました。
コスモスの間にこんな植物を見付けました。ホオズキにそっくりですが、ヒロハフウリンホオズキ(ナス科)という外来の雑草らしいです。
秋の夕暮れは釣瓶落しで、見る見る夕陽が落ちてゆきました。

Dsc_0954 Dsc_0972_2 Dsc_0958 Dsc_0978
 
 あたりが暗くなり、いよいよ1発目の打ち上げの秒読みが始まりました。10、9、8、7・・・3、2、1、0! 「ドン!」と響きます。空いっぱいに光が広がります。

Dsc_0085 Dsc_0096 Dsc_0128 Dsc_0137 Dsc_0142

 あまりの美しさに感動して、レリーズを押すのを忘れるほどです。2000発の花火はあっという間に終わりました。夢中で撮った写真の一部です。憧れていた花火の写真がやっと撮れて、うれしく思いました。

2012年10月17日 (水)

野外随筆大会(九十九島巡り)(164)

 10/14(日)は毎日新聞「はがき随筆」愛好者の集い「ペングループ長崎」の年間行事の1つ野外随筆大会が佐世保市でありました。
 参加者が親睦を深め、当日心に残った光景や出来事などを随筆にして、後日「はがき随筆」欄に投稿しようという企画です。
 今回は、九十九島巡りの遊覧船「パールクイーン号」に乗り、島々の美しい景観を楽しみました。九十九島と、島が99在るかのようなネーミングですが、2001年の調査結果によると、島の実数は208確認されているとか。次々と目に入ってくる島に見とれて、カメラのシャッターを押すのを忘れるほどでした。
 かの芭蕉さんが来られたら、どんな句が生まれたでしょうか。私も実際に松島へも行ったことがありますが、あの松島の風景と比較しても負けないのではないかと、と思いました。(写真はクリックすると大きくなります)

Dscn6463 Dscn6471 Dscn6479001 Dscn6481 Dscn6483 Dscn6487001 Dscn6485 Dscn6492

 2週間後の締め切りで、ミニ随筆(250字)を投稿するという宿題を抱えて、帰途に就きました。
 さて、みなさん、どんな素敵な随筆が生まれるでしょうか。楽しみです。

 

 

2012年10月13日 (土)

白木峰高原へ(163)

 秋晴れの良いお天気に恵まれ、昨日は、絶好のおでかけ日和になりました。
 ふなでん★いきいきパソコン講座では、かねての計画通り、★ 秋のおでかけデジカメ講座 in 白木峰高原&コスモス花宇宙館 が実施されました。
 デジカメで撮った写真を使って、後日、動画(フォトムービー)を作る方法を教えてくださることになっています。

 車で約45分かかって、目的地白木峰高原に着きました。駐車場から少し歩くと、桃色の絨毯を敷き詰めたように咲いている20万本のコスモスが出迎えてくれました。
 先ずは記念の集合写真を撮り、思い思いの場所に散りました。

Dsc_0781_2 Dsc_0789

Dsc_0791 Dsc_0800

 木陰で美味しいお弁当を頂いた後、コスモス花宇宙館に寄りました。
 館長さんが屋上の天体望遠鏡で、真っ赤な太陽を見せてくださいました。みんな、代わる代わる望遠鏡を覗いて、太陽の黒点まで見えたと感動していました。

 屋上から撮った有明海の見える風景と天体望遠鏡を覗いているところです。
  Dsc_0810 Dsc_0813_2 

2012年10月 6日 (土)

野外撮影会 (鬼木棚田と鉢巻山)(158)

 9/28は、写真教室で波佐見町の鬼木郷の鬼木棚田へと繰り出しました。
鬼木地区は日本棚田百選に選ばれている、有名な棚田です。ミミさんのブログでも素敵な写真で楽しく紹介されたので、私のは二番煎じもいいところで、お恥ずかしいのですが、アップしておきたいと思います。黄金色に実った稲の棚田風景の美しさもさることながら、田圃の一本道に100体もあろうかと思われる案山子がずら~っと立っており、等身大なので、見物人と区別が付かないほどでした。

 9/23(日)に「鬼木棚田まつり」 があり、その日にはこの案山子のコンクールがあったそうです。○○賞という札が掛かっていました。工夫を凝らした、楽しい案山子ばかりでした。
10/10まで案山子は並んでいるそうです。
稲刈りが終わると稲乾しの風景もまた美しいことでしょう。

 Dsc_0635 Dsc_0659 Dsc_0642

 案山子たち… 左から 梅ちゃん先生、土手の草取りをしている女性、基本型の案山子。道に居るのは? これも案山子? 遠目には判別が付きません。

Dsc_0691 Dsc_0697 Dsc_0712

Dsc_0701 Dsc_0702_2 Dsc_0687_3
最後の写真は右側が案山子です。案山子さんもカメラを構えています。

 帰りがけに大村市の鉢巻山に寄りました。幸い、頂上近くまで車で行けます。

眼下に大村湾が広がり、素晴らしい眺めです。太陽が傾きはじめ、雲も出てきて、光る海や天使の梯子‥と、写真に収めたい風景がいっぱいでした。
思う存分写真を撮った後、移動コーヒー 「欅」 さんご自慢の美味しいコーヒーで疲れを癒し、帰途に就きました。

Dsc_0719 Dsc_0720 Dsc_0737 Dsc_0743001                            

2012年7月31日 (火)

涼を求めて(138)

 毎日うだるような暑さが続きますね。

Dscn5809       

 写真教室では、昨日7/30、予ねての計画通り、涼を求めてのお出掛け撮影会がありました。目的地は南島原市有家町の「鮎帰りの滝」です。総勢10名が3台の車に分乗して出掛けました。

 朝7時半出発。途中に6/20に行った「谷水棚田」があるので、ここで途中下車して、稲のその後を観ることになりました。あれからひと月ちょっとしか経っていないのに、稲は株が張り、青々と生長していました。

Dsc_0504

 11時に目的地に到着。この「滝の茶屋」に10人分のソーメンを予約してから、滝に降りました。私たちのほかにも、人々が三々五々と訪れていました。

Dsc_0516_2 Dsc_0527

 足場の悪いところに三脚を据えて、涼しげな滝の写真がどうにか撮れました。

 冷やしソーメンとおにぎりと鳥のから揚げで満腹して、帰途に着きました。

 とは言っても、寄り道があと2箇所控えています。

 まずは、「島原の乱」で有名な《原城跡》に寄りました。(写真の上でクリックしたら大きな画像になります)

Dscn5794 Dscn5797 Dscn5798 Dscn5800 Dscn5802 Dscn5795 Dscn5796 Dscn5799

  次はまったくの嬉しいハプニングでした。雲仙市小浜町から千々石町方向へ走っていたときのこと、左側に広々と黄色に染まっているものが目に入りました。「あっ、ひまわりだ!」。前の車からは既に降りて、こちらに手を振っています。私たちが車を停めたのは言うまでもありません。つい先日、ひまわりの花にありつけずにがっかりしていた私たちに、思いがけないプレゼントでした。ここは、雲仙市小浜町山畑という地区で、じゃがいも畑だそうですが、このひまわりは種が熟さないうちに、肥料として間もなく畑に鋤き込まれる運命にあるのです。

 ここで汗を拭き拭き撮った写真です。

Dsc_0545 Dsc_0552

 最後に寄ったのはこの前行った唐比蓮園です。先日の曇天と違い、炎天下でしたが、蓮もスイレンも、前よりたくさん咲いていました。シオカラトンボはどうにか止まってくれましたが、根気良くカメラを構えて待ったのですが、オニヤンマのほうはなかなか止まってくれなくて、残念でした。

Dsc_0571 Dsc_0586 Dsc_0588

 つぼみに止まっているシオカラトンボが見えるでしょうか?

長い時間、長距離を安全運転してくださった先生や仲間の方々、暑いなかをほんとうにお疲れ様でした。お陰さまで、楽しく勉強ができました。心よりお礼申し上げます。

2012年6月22日 (金)

撮影会(134)

 6月20日は写真教室では野外実習の日でした。一眼レフ超初心者の私には、実地に教えてもらえる絶好のチャンスです。今回は、この前の二の舞はしないようにと、バッテリーの充電も済ませ、デゴイチを携えて出発しました。

 目的地は南島原市の谷水棚田(たにみずたなだ)。ここは《日本の棚田百選》のひとつに選ばれているところです。3台のマイカーに分乗して8名で出掛けました。
 全部ではありませんが、大部分の田圃で田植えが終わっていて、素晴らしい眺めでした。台風4号の影響で、雲が多くどんよりとしたお天気でしたが、帰り着くまで雨が降らずに幸いでした。

 「谷水棚田」→「西望記念館」→「島原市内」のコースをたどり、島原市で名物の《具雑煮》と《かんざらし》をいただいて帰りました。(下手な写真を並べますが、良ければクリックして見てください。大きくなります)

 谷水棚田(南島原市南有馬町)にて

Dsc_0289 Dsc_0253_2 Dsc_0303 Dsc_0262_2 Dsc_0280 Dsc_0295

  ※3枚目の写真中央五角形の田圃には白鷺が2羽いますが…?

 西望記念館(南島原市南有馬町)にて

Dsc_0306 Dsc_0307 Dsc_0313_2 Dsc_0312_2   

  ※日本を代表する美術家の1人、北村西望さんの生家が記念館になっています。
   広いお庭が公園に整備されており、「長崎平和祈念像」などの作品が展示されています。

 島原市内にて

Dsc_0362 Dsc_0349 Dsc_0354 Dsc_0352 Dsc_0323 Dsc_0325_2 Dsc_0338 Dsc_0361 Dsc_0322 Dsc_0319 Dsc_0321 Dsc_0320

 島原市内は側溝には湧水が流れており、鯉がゆったりと泳いでいます。
歩いていると、民家からネコちゃんが出て来ました。Sさんがそっと近づいて、カメラを向けます。…そこを、私が狙います。
 流れの上にトンボが飛んで来ました。Sさんが「止まって、とまって~」と呪文のように唱えると、なんと止まってくれたではありませんか!そこをパチリ!と私。
 道沿いの民家の塀が滝のように設えてあって、苔生す塀をきれいな水が流れ、清涼感を醸し出しています。

 私は新婚時代、7年ほど島原の町に住んでいましたので、懐かしいふるさとですが、あの頃よりずっと落ち着いた雰囲気の良い町になっていました。お墓参りや夫の実家まで行くことはあっても、街のほうへは行くことがありません。今度は夫を誘って、観光客になったつもりでゆっくりと散策してみたいと思っています。