2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

園芸

2013年7月27日 (土)

プランターのミニ西瓜(199)

 パソコンを新調しました。windows XP が windows 7 になりました。
まだ上手く使えなくて、戸惑っています。
テンプレートのデザインを変えたいのに、何度試みても「反映しました」と表示が出るのに全然変わりません。仕方なく季節外れのデザインのままで我慢することにします。

 プランターに植えたミニの西瓜に1個だけ実が生りました。
忙しくて雌花が咲いたことに気がつかなかったので、発見したときは思わず笑みがこぼれました。

 そもそも、西瓜を植えるように言ったのは夫なのです。
西瓜が何より大好きで、それも、大きいのをゴロゴロさせたい(床に)のだそうですが、いつも、私から「そんなに大きいのを買っても冷蔵庫に入らないよ」と断られているのです。
家には畑がないので植える場所はプランターしかありません。
で、今年はゴーヤの代わりに西瓜を植えることにしました。

 思いついたのが遅かったので、売れ残りのミニ西瓜の苗を買って植えましたが、味をしめて来年は3本ぐらいは植えたいな~、と思っています。

 Dscn8651  Dscn8742

 大きく見えますが、未だソフトボールよりも小さいです。
重くなって蔓が折れたら、と心配でハンモック代わりに、花篭を吊るしてやりました。
早く、この篭いっぱいに大きくなってほしいですlovely

 

2013年3月26日 (火)

ツタンカーメンのエンドウ豆の花(183)

 ツタンカーメンのエンドウ豆の花が咲いています。120cmの支柱を遥かに越えて、生長し、風でゆらゆら揺れています。

 一番早く咲いた花の跡には可愛い実がなっています。去年は、うっかり全部食べちゃって、タネが残っていなかったので、kyonさんに分けてもらいました。つまり、里帰りのタネを蒔いて育てたものです。今年はちゃんとタネを取っておきますからね、kyonさん(笑)。

 Dscn7059 Dscn7186001 Dscn7185001

 おまけは、庭の花達です。 急ににぎやかになって来ました。
 (左から、ハナニラ、キルタンサスの赤花、同じくクリーム色花、ミニミニ水仙バルボコジューム)
バルボコジュームはこれまで「テタテータ」とばかり思っていました。でも、どうもおかしいと、調べたら、バルボコジュームというミニミニ水仙でした。球根を買った時の記憶違いだったことが判りました。

Dscn7171_2 Dscn7172 Dscn7173Dscn7116

 次は、タネが外へ飛び出して、溝蓋の境目で我が世の春を満喫しているスミレです。

 Dscn7183 Dscn7197

 いつも通る道のツツジが3輪だけ咲いていました。
 (ノイチゴの花は散った跡はこの通り実になっています。3番目はキランソウでカラスノエンドウです。ツタンカーメンのエンドウ豆の花にそっくり)

 Dscn7193 Dscn7190 Dscn7194 Dscn7141   

2013年3月11日 (月)

薄紅肥後すみれ と ヒメリュウキンカ(181)

 うちの庭には花らしい花が咲いてなくて、ずっと寂しい思いをして来ましたが、一昨日、昨日と春から初夏を思わせる陽気に、あちこちの鉢で花が咲き始めました。でも、今日は一変して寒い1日になり、花も縮こまったことでしょう。

Dscn6890   Dscn7023 Dscn7025

  左から一重咲きヒメリュウキンカ、八重咲きヒメリュウキンカ、薄紅肥後すみれ

 薄紅肥後すみれはミミさんに頂いたものです。すみれは幾種類か持っているのですが、ミミさんのが一番乗りでした。上品で可憐な姿は何時間見ていても飽きません。

 ヒメリュウキンカはお日様が大好きな花で、日光が当たっている間は精一杯開いています。日が翳ると花びらを閉じ、翌日また開きます。4、5日は開いたり閉じたりを繰り返して、その後花びらがぱらぱらと散ります。黄色のエナメルのようにぴかぴか光って咲くので、庭がいっぺんに明るくなりました。

 

2013年3月 9日 (土)

植え替え(180)

 このところの春を思わせる陽気につられて、庭の鉢植えの植え替えをしました。

 ニホンサクラソウはもっと早く、節分の頃にするべきだったのに、気分が乗らずに怠けていたのです。ニホンサクラソウの新芽は、もう我慢できないという具合に鉢の中でひしめき合っていました。

 初夏に咲く ヒッペアスケリアは葉っぱを舌のように出して植え替えを待っています。鉢をひっくり返すと子株が7個も付いていました。太いのは今年咲くかもしれないので、1個ずつ独立させ、小さいのは3個纏めて肥培用にしました。なんだか儲かった気持ちで、うれしくなりました。

Dscn6905_2

 儲かったといえば、ヒヤシンスが咲きました。これは、去年、水栽培していたものを鉢に下ろしていた分です。こんなにきれいに咲いてくれました。

Dsc_0608_2

 kyonさんの所から里帰りしたツタンカーメンのエンドウ豆がどんどん大きくなっています。一向に花芽が見えないので気になっていましたが、今日、葉っぱの付け根に花芽を発見しました。花が咲くのが待ち遠しいです。

Dscn7016

 春がそこまで来ていますね。

2012年9月13日 (木)

ソバの花(153)

 今朝ソバを見たら、もう花が咲いていました。小さな、ちいさな白い花です。
ためつすがめつ眺めて写真を撮りましたが、少しの風にもそよいで、なかなかピントが合いません。
ボケ写真しか撮れませんでした。

 Dscn6207

 夕方、散歩の途中のくさむらの中に、ツルボが咲いていました。ここには何時もヒガンバナが咲きます。
もうそろそろかと、期待しながら目を凝らしましたが、未だ赤い色には出逢いませんでした。

Dscn6209

2012年9月12日 (水)

ソバにつっかい棒を(152)

 今日もソバの話題です。
 ヒョロヒョロの茎が心配で、9/8につっかい棒を立てました。
 種を蒔いて3週間目、蕾も白色がはっきりして来ました。無肥料のほうは、3日遅く蒔いたのに、もう、早く蒔いた元肥のほうと区別が付かないほど、大きくなりました。
 この通りです!

 Dscn6151001

  おまけは、いま我が家に咲いている花たちです。

 Dscn6144001  Dscn6147001  Dscn6155001

2012年9月 2日 (日)

ソバ11日目(149)

 9月になりました。朝の風が爽やかに感じられます。ヘクソカズラ(ヤイトバナ)の花に出逢いました。セミの声もツクツクボウシに変わりました。秋がきていますね。

Dscn6090

 ソバを蒔いて(元肥)11日目(本葉2枚)です。3日遅れの無肥料のほうも、本葉が出てきて、追い付きそうな気配です。並べて撮ってみました。ヒョロヒョロと頼りなく、どうなることかと心配です。(右が11日目)。

Dscn6088

2012年8月29日 (水)

ソバの7日目とキアゲハ(148)

 きょうも台風14号による不安定な天気で、時折土砂降りの雨に遭い、ソバ(元肥)の芽は哀れな姿になっています。無肥料のほうは、芽が出揃って、双葉も開いてきました。

Dscn6059

 次の写真はパセリに育ててもらったキアゲハです。今回も、羽化の瞬間に立ち会うことができませんでした。飛び立ってから11日目、今、丸坊主になったパセリがやっと元気になりました。今度はニンゲンさまに食べられる運命です。

  Dscn5970_2 Dscn5980Dscn6061_4  

2012年8月28日 (火)

無肥料ソバの発芽(147)

 台風15号の接近で、風が出て来て涼しいですが、時折ザーッと雨が降ってきます。
雨が降っていないときを見計らって、ソバの写真を撮りました。
無肥料の鉢も芽が出てきました。

   Dscn6052001_2   Dscn6054

 次は、種から育てているアボカドとパッションフルーツのその後です。
アボカドは大きくなり過ぎて(50センチの物差しを越えました)、鉢植えでは将来が案じられますので、養子先を探しているところです。パッションフルーツのほうは、エコカーテン式でこのまま育てて良いかなあと思っています。

   Dscn5826  Dscn5957002

    

2012年8月27日 (月)

ソバの発芽(つづき)(146)

 立秋も過ぎて久しいのに、この暑さです。が、朝日が昇るのははっきりと遅くなりました。
眠い目をこすりながら、ソバの芽にご対面です。昨日より随分伸びて、モヤシのようになっています。
なんだか頼りない姿。大丈夫でしょうかね~?

Dscn6049_3

       tuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptulip

 いつも通る道の植え込みの空間に、近くのマンションのお花好きの人が植えられたと思われるハマナスがあります。
未だ1度も花が咲いたことがないのですが、最近になってやっとツボミが付きました。
いつ咲くだろうか、何色だろうかと通るたびに楽しみにしていたところ、今朝、こんなに美しい花に逢うことができました。

 Dscn6023 Dscn6030

 甘い匂いに誘われた蜂が、黄色い花粉を体いっぱいにくっ付けて忙しそうに動き廻っていました。

 おまけは大好きな露草です。花は少し貧弱ですが、葉っぱの丸い「マルバツユクサ」という種類もあるのですね。
お隣の庭にはムラサキツユクサが咲いています。 

Dscn6020Dscn6019_2 Dscn6022